為替予想

02/22(12時)ゴルフ流FX売買シグナルアップデート

みなさん、こんばんは! ゴルフです。

ゴルフ流FX売買シグナルをアップデートします。(02月22日12時)

ドル円
12月20日 17時ころ 買いシグナル点灯
12月28日 14時ころ 売りシグナル点灯
01月05日 14時ころ 買いシグナル点灯
01月09日 25時ころ 売りシグナル点灯
02月02日 16時ころ 買いシグナル点灯
02月09日 27時ころ 売りシグナル点灯★
**ドル円は、108.00を上に抜けると
買いシグナルが点灯します。

日経平均
09月11日 11時ころ 買いシグナル点灯
11月09日 25時ころ 売りシグナル点灯
11月29日 20時ころ 買いシグナル点灯
12月06日 11時ころ 売りシグナル点灯
12月08日 15時ころ 買いシグナル点灯
01月25日 27時ころ 売りシグナル点灯★
**日経平均は、22400円を上に抜けると
買いシグナルが点灯します。

ポンド円
11月28日 29時ころ 買いシグナル点灯
12月14日 27時ころ 売りシグナル点灯
12月29日 22時ころ 買いシグナル点灯
01月09日 21時ころ 売りシグナル点灯
01月17日 25時ころ 買いシグナル点灯
02月05日 28時ころ 売りシグナル点灯★

ユーロ円
11月24日 23時ころ 買いシグナル点灯
12月14日 25時ころ 売りシグナル点灯
12月19日 25時ころ 買いシグナル点灯
01月09日 11時ころ 売りシグナル点灯
01月17日 27時ころ 買いシグナル点灯
02月05日 29時ころ 売りシグナル点灯★

豪ドル円
10月12日 08時ころ 買いシグナル点灯
10月25日 09時ころ 売りシグナル点灯
11月30日 12時ころ 買いシグナル点灯
01月09日 22時ころ 売りシグナル点灯
01月17日 26時ころ 買いシグナル点灯
02月02日 29時ころ 売りシグナル点灯★

【ゴルフ流FX売買シグナルは、一目均衡表の1時間足と2時間足を主に参考にして算出しております】

【★印は最新のシグナルで、現在継続中です】

以上になります。

それでは、またお会いしましょう!

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
あくまでも個人的見解に基づく為替に関する情報で、
売買の推奨をするものではございません。
また、利益を保証するものでもありません。
*トレードはすべて自己責任でお願いいたします。

リスクオフの動き

株安からリスクオフの動きとなり、ドル円は107.76/77を高値に107.15/16へ下落。ユーロ円は132.37/39を高値に131.57/59へ、ポンド円は149.97/99を高値に149.04/06へ下落。

All Day0222=ユーロドル

ユーロドル :(予想レンジ=1.2245-1.2345)

(基本戦略:戻り売り優先)

戦略としては1.2275-85と1.2300-20のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、1.2345-55と売り上がって、1.2355-65をストップ、倍返ししても1.2365-75、1.2390-00と利食いで、売りは1.2405-20と売り上がって、1.2325-30や1.2335-40をストップ、1.2440-50のCapでは売り直して、このストップは1.2455-65超え。1.2475-85の売りのストップは、1.2485-95越え。1.2520-30、1.2540-50と売り直して、ストップが1.2555-60超えの倍返しも、ターゲットは1.2570-80、1.2600-05と利食いで、売りは1.2615-20と売り上がって、このストップは1.2630-45超え、1.2650-55超えでの倍返し。一方下値は、順張りからターゲットは1.2255-65、1.2245-55と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2235-40割れ。1.2220-30の維持では買っても、1.2200-10をストップ、1.2185-95の維持では再度買っても、このストップは1.2165-75割れでの倍返し。ターゲットは1.2155-65、1.2125-35と買い戻しから1.2115-25と買い場を探して、このストップは1.2105-15割れでの倍返し。ターゲットは1.2075-80、1.2045-55、1.2035-45と買い戻し&買い下がって、1.2025-30をストップ、1.2005-15の買いのストップは1.1995-05割れ。1.1965-75、1.1950-60、1.1935-40と買い下がって、1.1925-35をストップ。(予想時レート:1.2285 予想時間 07:21)

本日の材料0222

12:45 () 20年物国債入札(1兆円)

14:15 () クオールズFRB副議長講演        

16:45 () 2月企業景況感 (前回110)

17:15 (スイス) 3四半期鉱工業生産 [前年比] (前回+8.6)

18:00 () 2ifo景況感指数 (前回117.6)

18:00 () 2ifo景気期待指数 (前回108.4 予想108.0) 

18:00 () 2ifo現況指数 (前回127.7 予想127.2)

18:30 () 4四半期GDP・改定 [前期比] (前回+0.5)

18:30 () 4四半期GDP・改定 [前年比] (前回+1.5)

20:00 () 2CBI流通取引調査 (前回+12)

21:30 (ユーロ圏) 欧州中央銀行(ECB)理事会・議事要旨公表(124-25日開催分)

22:30 () 新規失業保険申請件数 (前回23.0万件)

22:30 () 12月小売売上高 {前月比] (前回+0.2)

22:30 () 12月小売売上高 (前月比:除自動車) {前月比] (前回+1.6)

00:00 () 1月景気先行指数 (前回+0.6% 予想+0.5)

00:00 () ダドリーNY連銀総裁講演

01:00 () 週間原油在庫 (前回+184.1万バレル)

02:10 () ボスティック・アトランタ連銀総裁講演

03:00 () 7年物国債入札(290億ドル)

06:45 (NZ) 4四半期小売売上高 [前期比] (前回+0.2)

高島暦:「逆転日」

All Day0222=ドル円

ドル円 (予想レンジ=107.00-108.30)

(基本戦略:上値は追わず、押し目は買い)

戦略としては107.50-60と107.85-95のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、107.45-55超えで倍返しもターゲットは107.65-75、107.75-85と利食いや売りで、このス108.00-10、108.15-35、108.35-65と売り場を探して、ストップは108.80-90超えで、108.95-05での売り直しのストップは109.25-35超え。109.45-55、109.55-65と売り上がって、ストップは109.75-80超えでの倍返し。ターゲットは109.90-00、110.10-20と利食い&売り上がって、ストップは110.25-35超えや110.40-50越えでの倍返し。一方下値は、107.25-30をストップ、107.15-20.、106.95-05と買い下がって、タイト・ストップで対応するか、更に106.75-85、106.55-65、106.45-55と買い場を探して、ストップは106.35-45割れまたは、106.25-30まで買い下がって、ストップは106.05-15割れ。105.85-95、105.65-80と買い直して、このストップは105.55-60割れで、再度105.45-50、105.15-30と買い場を探して、ストップは105.05-10割れや104.95-00割れでの倍返し。ターゲットは104.75-85、104.45-55と買い戻しで、買いはこういった位置から104.25-35、103.75-85、103.65-70、103.45-55、103.15-20まで順次買い場を探して、ストップは102.95-05割れ。(予想時レート:107.72 予想時間 06:38)

昨晩の海外0222

 昨晩の海外市場は、FOMC議事録の見方分かれたことで、ドルが上下する形となった。発表前は、議事録がタカ派となるとの期待感からのドル買いが優勢となったが、発表後今年3回の利上げ見通しは変わらないとの見方から、一時ドルに利食いが優勢となった。ただ、その後米10年物国債利回りが2.95%まで上昇したことで、ドルの買い戻しで引ける形となった。 その他米1月中古住宅販売件数は、予想を下回ったが、在庫不足が指摘されており、相場に悪影響は見えなかったが、NYダウは、一時の300ドル高からマイナス圏まで値を消した。  ドル円は107.90から107.29まで下落後再び高値を目指す動きとなり、、ユーロドルは1.2360まで上昇後1.2281の安値まで調整、弱めのPMIの悪影響は見えなかった。またポンドドルは、弱い英雇用統計を受けて1.3905まで下落後、ホールデンMPCE委員やテンレイロ委員のタカ派発言で、1.4010まで買い戻しが優勢となったが、その後上げ幅をほぼ失った。  一方クロス円は、ストレート通貨の動きに上下。ユーロ円は132.27から132.78、ポンド円は149.42から150.50で揉み合い、オージー円が84.01の日中安値まで値を下げ、NZD円は79.30から78.80まで下落、カナダ円は84.75から85.10のレンジに留まった。

クロス円0222

 クロス円では、ユーロ円は132.27の安値から132.78、ポンド円は149.42から150.48まで反発、オージー円が84.28まで値を下げたが、NZD円は78.86の安値から79.30まで反発、カナダ円も84.75から85.10まで値を戻した。

NY午後

FOMC議事録がタカ派となるとの期待感からのドル買いも、結果を受けて、ドル売りが強まる形。  ドル円は107.90から107.29まで下落、ユーロドルは1.2300から1.2360まで反発、ポンドドルは1.3905から1.4010まで一時買い戻しが優勢となった。

FOMC議事録を控え、ドル堅調

4:00に予定されている米FOMC議事録を控えドル円は107.70円台へ、ユーロドルは1.2300ドルへそれぞれドル買いの動き。ドル円の108.00前後は厚いオファー観測も、突破するようなら108.50を目指す展開になりそう。

ユーロドル

基調は弱気を保って上値重い状態だが、売りすぎのゾーン入り。

クロス円

力強く上がったが、上値は重い。基調はまだ強気。

ポンド、下げは限定的

英雇用統計の冴えない結果を受け、1.3966/68から1.3927/29へ下落も、すぐに反発に転じ、1.3970/72へ値を戻している。

英雇用統計

英12月ILO失業率(3カ月)4.4% (予想 4.30%) 英1月失業率 2.5%、(前回 2.4%) 英1月失業者数 -7200人 (予想 +4100人) 英1月財政収支 116億ポンドの赤字 (予想 110億ポンドの赤字)

ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から持ち直し、中心線を抜ける動きを見せましたが、上限には届かずに下落している動きです。このままバンドの下限まで下落する可能性が高いのではないかとみています。バンドの上限は横ばい、下限は小幅に下落しての動きです。バンド幅は比較的狭い状況であり、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要かと思われます。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇しています。ただ、上昇の勢いが落ちており、ここからの動きには注意が必要でしょう。一方、中期線は下値圏での横ばいです。中長期的には上値の重さが意識されやすく、短期線が下落に転じた場合はバンドの下限をブレイクしてのバンドウォークといった動きが視野に入ってくることは頭に入れておきたいところです。

ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から調整の動きが入り、目先は中心線を目指して下落している状況です。バンドの上限は横ばい、下限は上昇となっており、バンド幅は縮小傾向です。全体的には方向感が見えにくくなっていくものと思われますが、バンドの中心線では支えられやすく、底堅い動きが展開されるのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線は下落して下値圏での動きです。これがこの水準を維持することができるかがポイントです。一方中期線は高値圏での横ばいです。中長期的に見れば底堅い動きが意識されやすく、調整が入っても一時的なものとなる可能性が高いでしょう。やはりバンドの中心線で支えられてバンドの上限まで持ち直すといった動きになるのではないでしょうか。

ドル円、上げ一服

107.90/91まで買い上げ後は、107.65近辺まで小緩む動き。108.00手前で、一旦小休止も、依然押し目買い優勢。

昨晩の海外

昨晩の海外市場は、動意に薄い中、米長期金利が高値圏を維持したことでドルが堅調な推移となった。ただ、モラー特別検察官がロシアゲートに関して新たな訴追を行うと表明したこと、NYダウが300ドル超えの下落となったことなどが、ドルの上値を抑えた。  ドル円は107.38まで上昇、ユーロドルは1.2320まで値を下げる一方、ポンドドルは、対ユーロでの買いで、1.3932の安値から1.4025まで値を上げ、ユーロポンドは0.8805まで下落した。  クロス円では、ユーロ円が132.11から132.48で揉み合い、ポンド円は150.38まで上昇、オージー円は84.81から84.47、NZD円が78.92から78.72の高値圏で推移したが、カナダ円は85.12から弱い加12月卸売売上高を受けて84.79まで売りに押された。

ドル円、堅調

107.00を割ることなく、底堅い動き。日経平均の下げが予想される中、押し目買いがどこで入るか?

All Day0221=ユーロドル

ユーロドル :(予想レンジ=1.2300-1.2450)

(基本戦略:逆張りも、戻り売り優勢か?)

戦略としては1.2315-25と1.2355-65のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、1.2365-75をストップとするか、1.2390-00.1.2405-20と売り上がって、1.2325-30や1.2335-40をストップ、1.2440-50のCapでは売り直して、このストップは1.2455-65超え。1.2475-85の売りのストップは、1.2485-95越え。1.2520-30、1.2540-50と売り直して、ストップが1.2555-60超えの倍返しも、ターゲットは1.2570-80、1.2600-05と利食いで、売りは1.2615-20と売り上がって、このストップは1.2630-45超え、1.2650-55超えでの倍返し。一方下値は、順張りまたは1.2295-05と買い下がって、ストップは1.2275-80割れで倍返し。このターゲットは1.2255-65、1.2245-55と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2235-40割れ。1.2220-30の維持では買っても、1.2200-10をストップ、1.2185-95の維持では再度買っても、このストップは1.2165-75割れでの倍返し。ターゲットは1.2155-65、1.2125-35と買い戻しから1.2115-25と買い場を探して、このストップは1.2105-15割れでの倍返し。ターゲットは1.2075-80、1.2045-55、1.2035-45と買い戻し&買い下がって、1.2025-30をストップ。(予想時レート:1.2336 予想時間 06:25)

本日の材料0221

上海市場休場(旧正月)
10:10 (日) 布野日銀審議委員講演
17:00 (仏) 2月製造業PMI・速報 (前回58.4)
17:00 (仏) 2月サービス業PMI・速報 (前回59.2)
17:00 (南ア) 1月消費者物価指数 [前年比] (前回+4.7%)
17:30 (独) 2月製造業PMI・速報 (前回61.1 予想60.5)
17:30 (独) 2月サービス業PMI・速報 (前回57.3 予想57.0)
18:00 (ユーロ圏) 2月製造業PMI・速報 (前回59.6 予想59.2)
18:00 (ユーロ圏) 2月サービス業PMI・速報 (前回58.0 予想57.7)
18:00 (ユーロ圏) 2月総合PMI・速報値 (前回58.8 予想58.3)
18:30 (英) 1月失業者数 (前回+0.86万人)
18:30 (英) 1月失業率 (前回2.4%)
18:30 (英) 10-12月ILO失業率 (前回4.3%)
18:30 (英) 1月財政収支 (前回-10億GBP)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数 [前週比] (前回-4.1%)
23:00 (米) ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁講演
23:15 (英) カーニーBOE総裁、ブロードベントBOE副総裁、ホールデン英MPC委員、テンレイロ英MPC委員講演
23:45 (米) 2月マークイット総合PMI・速報値 (前回53.8)
23:45 (米) 2月マークイットサービス業PMI・速報値 (前回53.3)
23:45 (米) 2月マークイット製造業PMI・速報値 (前回55.5)
00:00 (米) 1月中古住宅販売件数 (前回557万件 予想560万件)
00:00 (米) 1月中古住宅販売件数 {前月比] (前回-3.6% 予想+0.5%)
01:30 (米) 2年物価変動利付国債入札(150億ドル)
03:00 (米) 5年物国債入札(350億ドル)
04:00 (米) FOMC議事録公表(1月30-31日開催分)
南ア・ラマポーザ新大統領「2018年度財政演説」
高島暦:「変化注意日」

All Day0221=ドル円

ドル円 (予想レンジ=106.50-107.50)

(基本戦略:戻り売りから買いは、深めの押し目待ち)

戦略としては106.95-05と107.35-45のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、107.45-55超えで倍返しもターゲットは107.65-75、107.75-85と利食いや売りで、このストップは107.85-95で、倍返ししても108.00-10、108.15-35と利食いで、売りは108.35-65と売り上がって、ストップは108.80-90超えで、108.95-05での売り直しのストップは109.25-35超え。109.45-55、109.55-65と売り上がって、ストップは109.75-80超えでの倍返し。ターゲットは109.90-00、110.10-20と利食い&売り上がって、ストップは110.25-35超えや110.40-50越えでの倍返し。一方下値は、順張りまたは、106.75-85、106.55-65、106.45-55と買い下がって、ストップは106.35-45割れまたは、106.25-30まで買い下がって、ストップは106.05-15割れ。105.85-95、105.65-80と買い直して、このストップは105.55-60割れで、再度105.45-50、105.15-30と買い場を探して、ストップは105.05-10割れや104.95-00割れでの倍返し。ターゲットは104.75-85、104.45-55と買い戻しで、買いはこういった位置から104.25-35、103.75-85、103.65-70、103.45-55、103.15-20まで順次買い場を探して、ストップは102.95-05割れ。(予想時レート:107.28 予想時間 06:19)

All Day0221=ユーロ円

ユーロ円 :(予想レンジ=131.00-133.00)

(基本戦略:逆張りだが、リスクは下な感じ)

戦略としては132.05-15と132.50-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、132.80-90、133.05-15と売り上がって、ストップは133.25-30越えや133.35-40越えでの倍返し。ターゲットは133.45-55のCapでは利食いや売りで、このストップは133.75-80超え。133.95-00での売り直しのストップは、134.15-20超え。134.35-45の売りのストップは、134.60-70や134.75-85超え、134.85-95での売り直しで、ストップは135.05-10超え。倍返ししても135.40-50、135.65-75と利食い&売り上がって、135.75-85をストップや倍返し。一方下値は131.95-05と買い下がって、131.75-85をストップ、131.55-65割れでの倍返し。ターゲットは131.45-50、131.15-20と買い戻し&買い下がって、このストップは130.95-05割れでの倍返し。ターゲットは130.55-65、130.35-45と買い戻し。買いはこういった位置から、130.20-30、130.05-15と買い下がって、ストップは129.95-00割れ。129.75-80、129.55-65と買い直して、ストップは129.45-55割れ。129.35-40割れでの倍返し。ターゲットは129.05-15、128.75-95、128.65-75と買い戻し&買い下がって、128.45-55をストップ、128.25-35を割れでの倍返し。(予想時レート:132.56 予想時間 05:54)

NYダウが

また引けにかけて弱く、300ドル超えの下落。

ドル円

上に引きつける意識でいるが、ここから上は買いすぎのゾーンに入る。

ユーロドル

何とか下げ止まっているが、まだ弱気の配置。下ブレークした1.2365前後を回復できていない。

ドル円

少し堅い印象あるが、なんとか107ミドルの下は保っている。現状は基調目先ともに強気。

ユーロドル

基調弱気の状態で、近くのサポートの1.2360下トライ中、この下には強いサポートゾーン1.22ミドルがあり、その上では上昇リスクの状態。

ユーロドル

EURUSDは、2/9と2/16の61.8%(1.23391)に接近。この下の1.23付近にはDinapoli日足の7*5DMAと25*5DMAがあるため、61.8%や1.23を割り込むと下げる可能性が高まりそう。2/9の1.22を割り込めば、下落トレンドに転換も考える必要が出てきそう。

ドル円、107.20台へ上昇

ロンドン勢参入後からドル買いの勢いが加速し、107.00を突破して107.20/21へ上昇。依然、高値圏で推移しており、次は107.50台がターゲットか。

ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限を意識しての動きです。一時中心線まで押し戻す動きを見せましたが、そこから再度下限まで下落し、下限をブレイクする動きを見せましたが、そこからは横ばいの動きとなり、バンドウォークといった動きにはなっていません。バンドの上限はじり安であり、バンドの上下限中心線が下落する動きです。バンドウォークというよりも一時的に持ち直すものの上値が重いといった動きになりそうです。

RCIで見ると、短期線は下値圏での横ばいです。これがこの水準を維持することができるかがポイントです。一方、中期線も下値圏での動きであり、中長期的には上値の重さが意識されやすい状況です。短期線の動き次第ですが、一時的に持ち直しても、戻り売りに上値を抑えられるのではないでしょうか。

ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限を意識しての動きです。バンドの1σと上限とで挟まれたレンジを動いており、しっかりとした動きが意識されている状況です。目先バンドブレイクがみられていますが、バンドの下限はじり高基調であり、ここからバンドウォークとなるかは疑問も残るところです。バンドの下限の動きを見極めながらにはなりますが、調整を入れながら上昇といった動きになるのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線は高値圏での推移です。これがこの水準を維持することができるかがポイントとなりそうです。一方、中期線も高値圏での横ばいです。中長期的には底堅い動きが意識されそうで、仮に短期線が天井打ちから下落といった動きになっても、底堅い動きが意識されそうです。

ドル円、じり高

106.50円台が底堅い動きとなりつつあり、106.79/80へ上昇。依然、106.80/90ではオファー優勢も、下値は限定的となっていて、107.00越えのストップを狙いに行くか?

All Day0220=ユーロドル

ユーロドル :(予想レンジ=1.2350-1.2450)

(基本戦略:逆張り)

戦略としては1.2385-95と1.2425-30のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、1.2335-40をストップ、1.2440-50のCapでは売り直して、ストップは1.2455-65超え。1.2475-85の売りのストップは、1.2485-95越え。1.2520-30、1.2540-50と売り直して、ストップが1.2555-60超えの倍返しも、ターゲットは1.2570-80、1.2600-05と利食いで、売りは1.2615-20と売り上がって、このストップは1.2630-45超え、1.2650-55超えでの倍返し。ターゲットは1.2715-20を前に、上げ渋りでは利食いで、売りはこういった位置から1.2725-30、1.2750-60と売り場を探して、1.2770-75越えがストップ、1.2780-85、超えでの倍返し。一方下値は、1.2365-70割れをストップ。倍返ししても1.2350-60での買い戻しから買いは1.2315-35、1.2295-05と買い下がって、ストップは1.2275-80割れで倍返し。このターゲットは1.2255-65、1.2245-55と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2235-40割れ。1.2220-30の維持では買っても、1.2200-10をストップ、1.2185-95の維持では再度買っても、このストップは1.2165-75割れでの倍返し。ターゲットは1.2155-65、1.2125-35と買い戻しから1.2115-25と買い場を探して、このストップは1.2105-15割れでの倍返し。(予想時レート:1.2408 予想時間 05:56)

All Day0220=ドル円

ドル円 (予想レンジ=106.00-107.00)

(基本戦略:逆張りも、押し目買い有利か?)

戦略としては106.45-50と106.65-75のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、ストップが106.85-90超え。106.95-05での売り直しのストップは107.15-20、107.35-45での売りのストップは107.45-55超えで、倍返しもターゲットは107.65-75、107.75-85と利食いや売りで、このストップは107.85-95で、倍返ししても108.00-10、108.15-35と利食いで、売りは108.35-65と売り上がって、ストップは108.80-90超えで、108.95-05での売り直しのストップは109.25-35超え。109.45-55、109.55-65と売り上がって、ストップは109.75-80超えでの倍返し。一方下値は106.25-35と買い下がって、ストップは106.05-15割れ。105.85-95、105.65-80と買い直して、このストップは105.55-60割れで、再度105.45-50、105.15-30と買い場を探して、ストップは105.05-10割れや104.95-00割れでの倍返し。ターゲットは104.75-85、104.45-55と買い戻しで、買いはこういった位置から104.25-35、103.75-85、103.65-70、103.45-55、103.15-20まで順次買い場を探して、ストップは102.95-05割れ。102.75-85、102.45-55、102.15-25、101.95-05、101.85-90、101.65-70、101.45-55また買い場を探して、ストップは101.15-25割れでの倍返し。(予想時レート:106.58 予想時間 05:46)

昨晩の海外

 昨晩の海外市場は、北米市場が休場で、主だった材料もなく、総じて動意に薄い展開もドルが堅調、クロス円が軟調な推移となった。  ドル円は106.45から106.73まで一時上昇、ユーロドルは1.2427から1.2369、ポンドドルは1.3959まで一時売りに押された。  一方クロス円では、ユーロ円が132.37から131.90、ポンド円が149.47から148.88、オージー円は84.50から84.18、NZD円が78.40、カナダ円が84.62まで一時売りに押された。

本日の材料0220

上海市場休場(旧正月)
07:15 (豪) ブロックRBA総裁補佐講演
09:30 (豪) RBA議事録公表(2月6日開催分)
16:00 (独) 1月生産者物価指数 [前年比] (前回+2.3%)
17:30 (スウェーデン) 1月消費者物価指数 {前月比] (前回+0.4%)
17:30 (スウェーデン) 1月消費者物価指数・コア {前月比] (前回+0.4%)
17:30 (スウェーデン) 1月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.7%)
17:30 (スウェーデン) 1月消費者物価指数・コア [前年比] (前回+1.9%)
19:00 (独) 2月ZEW景気期待指数 (前回20.4)
19:00 (独) 2月ZEW現況指数 (前回+95.2 予想+93.4) 
19:00 (ユーロ圏) 2月ZEW景気期待指数 (前回31.8)
22:30 (加) 12月卸売売上高 [前月比] (前回+0.7%)
00:00 (ユーロ圏) 2月消費者信頼感・速報 (前回1.3)
03:00 (米) 2年物国債入札(280億ドル)
欧州連合(EU)財務相会合(ブリュッセル)
企業決算:米ウォルマート・ストアーズ
高島暦:「逆行性の日。足取りに注意せよ」

All Day0220=オージー円

オージー円 :(予想レンジ=83.50-85.00)

(基本戦略:動いても逆張り)

戦略としては84.15-20と84.45-55のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、84.65-70と売り上がって、ストップは84.80-90超え。84.95-05、85.15-20、85.45-50と売り上がって、ストップは85.55-60超え。85.65-85のCapでは売り直して、このストップは85.95-05超え。86.05-15、86.15-35、86.50-60と売り上がって、ストップは86.65-75超え。86.85-95、86.05-15、87.25-30と&売り場を探して、このストップは87.35-45超え。87.55-65超えでの倍返し。ターゲットは87.65-90、87.95-00と利食いで、売りは88.05-15、88.15-25と売り上がって、ストップは88.45-55越えでの倍返し。一方下値は83.95-10と買い下がって、83.85-95をストップや倍返し。ターゲットは83.65-75、83.35-45と買い戻し&買い下がって、ストップは83.25-35や83.15-20割れ。82.95-05の維持では買って、このストップは、82.80-90割れ。82.50-60割れでの倍返しも82.35-45、82.25-30、81.95-05と買い戻し&買い下がって、ストップは81.85-95割れでの倍返し。ターゲットは81.45-55、81.35-40と買い戻し、買いはこういった位置から81.25-30と買い下がって、ストップは、81.15-20割れ。81.05-10まで買い下がっても、ストップは80.95-00割れ。80.80-90、80.40-50の買いのストップは、80.20-30割れでの倍返し。(予想時レート:84.28 予想時間 05:23)

クロス円は

一時売りが優勢も、揉み合い気味。 ユーロ円が132.37から131.90まで一時下落、ポンド円が149.47から148.88、オージー円は84.50から84.18、NZD円が78.40、カナダ円が84.62まで売りに押された。

NY午後

北米市場が休場で、動意に薄い展開が続いているが、ドルは堅調気味。  ドル円は106.45から106.73まで一時上昇、ユーロドルは1.2427から1.2369、ポンドドルは1.3959まで一時売りに押された。

ドル円、小動き

北米勢が不在の中、106.73近辺へ上昇するも、まだ106.80/90ではオファー厚く、106.50へ緩んでいる。106.60を挟んだ小動きも、徐々に下値が切り上がっており、底堅さが感じられる動き。

ユーロドル

1.2335前後にサポート。

クロス円

少し押しているが、基調は強気のものが多い。

ドル円

現状は基調目先ともに強気。下の目処としていた105ミドルを付けたあと、イメージ軌跡に沿う反発だが、まだもう少し上を見たいところ。

ドル円、まだ上がれるか?

ロンドン市場に入り、106.65/66まで上昇。まずは、106.85/90のレジスタンスまで戻れるか?106.40前後がサポートされるようなら、NY勢不在の薄商いの中、上値トライもあるか?

ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線と下限に挟まれたレンジを動いています。上値の重い展開ではありますが、バンドブレイクからバンドウォークといった動きにはなっていません。狭いレンジでの動きであり、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要でしょう。バンド幅は比較的狭い状況で、市場にはエネルギーが蓄積されてきているものと思われますので、やはり警戒はしておきたいところです。

RCIで見ると、短期線は下値圏での動きです。底打ち気配が見えていたのですが、目先は横ばいでの動きです。これの方向感には注意が必要で、下値圏での動きを維持した場合は下値を拡大する動きが意識されそうです。一方、中期線は上昇基調が腰折れし、目先下落に転じています。下値圏に入る可能性が高く、中長期的に見れば売り圧力が強まりやすい状況といえそうです。

ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から調整の動きが意識されての動きです。ただ、下値の堅さが意識されており、1σと上限で挟まれたレンジを動いています。再度バンドの上限まで上昇する可能性が高く、底堅い動きが継続されそうです。

RCIで見ると、短期線は高値圏での横ばいです。これがこの水準を維持するかどうかがポイントです。一方、中期線は一時天井打ちから下落していましたが、再持ち直しから高値圏での動きとなっています。中長期的には買い意欲が意識されやすく、一時的に調整の動きが入っても底堅い動きが展開されやすい状況ということができそうです。

All Day0219=ユーロドル

ユーロドル :(予想レンジ=1.2350-1.2480)

(基本戦略:余裕を持って戻り売り場探し)

戦略としては1.2385-95と1.2425-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、1.2440-50と売り上がって、ストップは1.2455-65超え。1.2475-85の売り直しのストップは、1.2485-95越え。1.2520-30、1.2540-50と売り直して、ストップが1.2555-60超えの倍返しも、ターゲットは1.2570-80、1.2600-05と利食いで、売りは1.2615-20と売り上がって、このストップは1.2630-45超え、1.2650-55超えでの倍返し。ターゲットは1.2715-20を前に、上げ渋りでは利食いで、売りはこういった位置から1.2725-30、1.2750-60と売り場を探して、1.2770-75越えがストップ、1.2780-85、超えでの倍返し。一方下値は、1.2385-90割れでの倍返し。ターゲットは1.2350-60での買い戻しから買いは1.2315-35、1.2295-05と買い下がって、ストップは1.2275-80割れで倍返し。このターゲットは1.2255-65、1.2245-55と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2235-40割れ。1.2220-30の維持では買っても、1.2200-10をストップ、1.2185-95の維持では再度買っても、このストップは1.2165-75割れでの倍返し。ターゲットは1.2155-65、1.2125-35と買い戻しから1.2115-25と買い場を探して、このストップは1.2105-15割れでの倍返し。(予想時レート:1.2418 予想時間 09:15)

All Day0219=ドル円

ドル円 (予想レンジ=105.80-107.00)

(基本戦略:押し目買い)

戦略としては106.00-10と106.35-45のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、順張りも106.65-75のCapでは利食いや売りで、このストップは106.85-90超え。106.95-05での売り直しのストップは107.15-20、107.35-45での売りのストップは107.45-55超えで、倍返しもターゲットは107.65-75、107.75-85と利食いや売りで、このストップは107.85-95で、倍返ししても108.00-10、108.15-35と利食いで、売りは108.35-65と売り上がって、ストップは108.80-90超えで、108.95-05での売り直しのストップは109.25-35超え。一方下値は105.85-95、105.65-80と買い下がって、ストップは105.55-60割れで、再度105.45-50、105.15-30と買い場を探して、ストップは105.05-10割れや104.95-00割れでの倍返し。ターゲットは104.75-85、104.45-55と買い戻しで、買いはこういった位置から104.25-35、103.75-85、103.65-70、103.45-55、103.15-20まで順次買い場を探して、ストップは102.95-05割れ。102.75-85、102.45-55、102.15-25、101.95-05、101.85-90、101.65-70、101.45-55また買い場を探して、ストップは101.15-25割れでの倍返し。(予想時レート:106.24 予想時間 08:26)

現在気配02190412

2018年02月19日 04:12

USDJPY 106.39-41
EURUSD 1.2404-15
GBPUSD 1.4004-31
USDCHF 0.9271-83

EURJPY 132.04-14
GBPJPY 148.98-34
AUDJPY 84.10-32

現在気配0219

2018年02月19日 03:42

USDJPY 106.34-37
EURUSD 1.2407-31
GBPUSD 1.4007-31
USDCHF 0.9271-83
USDCAD 1.2534-63
AUDUSD 0.7902-30
NZDUSD 0.7380-91
EURGBP 0.8842-54
EURJPY 131.96-26
GBPJPY 148.96-22
AUDJPY 84.02-29
NZDJPY 78.49-61
CADJPY 84.65-90
CHFJPY 114.57-70
ZARJPY 9.11-19
TRYJPY 28.33-43