デリバティブとテクノロジーで、資産運用の未来をつくる。 デリバティブとテクノロジーで、資産運用の未来をつくる。

Designing the future of investment with derivative and technology Designing the future of investment with derivative and technology

SCROLL

MissionMission

存在する目的

デリバティブとテクノロジーで、資産運用の未来をつくる。

私たちは「資産運用の未来をつくる」存在になりたいと考えています。
私たちはあらゆる金融資産を高い資金効率で取引できるデリバティブが持つ可能性を信じています。投資における知識・情報・時間の格差を平等にし、高いリターンの追求と高度なリスク管理を両立させることがテクノロジーの力で実現できると信じています。
デリバティブとテクノロジーの研究と事業化を通じて投資の常識を変え、私たちのサービスが資産運用にあたりまえに利用される世の中をつくりたい。
そしてお客様の「なりたい未来」に向けた挑戦を、資産運用のパートナーとして応援し続ける会社でありたい。
私たちはお客様とともに資産運用の未来をつくっていきます。

ValueValue

重視する価値

value value

ServiceService

サービスコンセプト

私たちのサービスは「優れた金融商品を革新的なテクノロジーとセットで提供する」ことをコンセプトにしています。

世の中には株式、ETF、外国為替、暗号資産など様々な金融商品が存在しておりそれぞれ期待するリスクやリターンは異なります。私たちはこれらをFX、CFD(差金決済取引)というデリバティブ取引で提供しています。
デリバティブ取引にはあらゆる金融商品に簡単にアクセスできること、レバレッジを掛けて高い資金効率で取引ができることなどの特長がありますが、それぞれの金融商品はその価格変動要因も多岐に渡るため予測が難しく、経験、知識、技術さらに高い資金管理能力が問われることになります。そのため一般的に世界ではヘッジファンドなど金融のプロが手掛ける取引と位置付けられています。
私たちはこうした複雑なデリバティブ取引を誰でも資産運用に活用できるように、提供するサービスを通じて投資家が直面する課題をテクノロジーで解決することを目指しています。金融商品の特徴やお客様の投資スタイルに合わせた最適なトレード手法の提案、最先端の人工知能(AI)の導入、「ノーコード」で使えるプログラム売買の提供、直観的なリスク管理の提供など、資産運用の攻めと守りの両面において革新的なアイデアとテクノロジーでお客様の資産形成をサポートしてまいります。

ユーザーがトレーディングAIを「生成・育成」してユーザー同士で「評価」、そして優秀なものだけが「選択」され、「クローン」されて繁栄していく環境を作ります。AIとユーザーの集合知により選ばれたトレーディングAIが自動的に取引を行うサービスです。

FXおよび日本と米国のETFを対象にノーコードで自分の取引ルールを作成して自動売買注文を設定することができるサービスです。インヴァスト証券や専門家の投資予測をもとに予め用意された設定から選択することも可能です。

日本初の公的な取引所FXとして東京金融取引所に上場している取引所為替証拠金取引です。インヴァスト証券オリジナルの取引ツールでお取引いただくことができます。

ManagementManagement

経営チーム

ミッション達成を目指す経営チーム

詳しくはこちら

closeclose

ValueValue

重視する価値

lineline

Vision達成の為に全役職員に求められる意識、価値観、行動様式

重視する価値重視する価値

closeclose

SNSアカウント

当社の株主・投資家の皆さまに向け、
IR情報、決算・財務情報、株式に関する
情報等をリアルタイムに配信しています。
皆さまの「いいね!」&「フォロー」を
お待ちしております。

closeclose

2017年01月04日

インヴァスト証券株式会社
代表取締役社長 川路 猛

新年、明けましておめでとうございます。
平素は、格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

2016年は、「想定外の事が起きた1年」であったと思います。6月には、英国がEUの離脱を決めるという、想定外の事が起き、11月には、序盤戦で泡沫候補と呼ばれたトランプ氏が、それこそ全世界の予想を覆して、米大統領に選ばれました。
「ポリティカルコレクトネス(政治的な観点から見て正しい表現)」が重視されていた私達の社会は、一転、保護主義やナショナリズムなどが台頭し、自国利益優先というホンネを堂々と主張するリーダーが、各地で支持を集めました。

そのような激動の2016年は、私達インヴァスト証券にとって、まさに「転換の1年」でありました。
2月には最高財務責任者(CFO)、8月には最高データサイエンス責任者(CDSO)が新たに執行役員として参画し、経営体制を大幅に強化致しました。また、全役員が毎朝1時間程集まり、これからのインヴァストが目指すべき姿や、目標とすべき会社の姿を徹底的に議論し、7月1日に新しいミッションとビジョンを掲げました。
新しいミッション、「世界をもっと、良い場所にする」という言葉には、既存のFX事業を出発点として、より広く、様々な事業領域に成長拡大して行きたいという想いが込められています。それは、「様々な人の人生における、お金に関する課題を解決する金融ソリューションを生み出す会社」を目指そうという想いであり、これを受けて、「2025年までに全世界で1,000万人の利用者を持つ金融ソリューションを生み出す」という新しいビジョンを打ち出しました。

国内金融事業におきましては、4月から、世界で最も流動性のあるETFに投資する新サービス『トライオートETF』、9月にはストラテジーの入れ替え自体も自動化する新機能、『シストレ24フルオート』をリリースし、事業基盤の拡大を図ってまいりました。
海外金融事業におきましても、新会社の設立登記から始めて約3年半が経過し、2016年12月期は月次での安定黒字化を成し遂げ、利益成長ペースの拡大に伴い、更なる利益成長をしっかりと目指していける体制も整ってまいりました。

私達インヴァスト証券にとって2017年は、私達の新しいビジョンである、「2025年までに全世界で1,000万人の利用者を持つ金融ソリューションを生み出す」為に、実際に挑戦を始める年だと考えております。既存の国内金融事業における成長戦略を立案実行する事に加え、新規事業開発を目的とした新たな商品・サービスの提供を開始していく年だと思います。その為に、シリコンバレーと東南アジアにそれぞれ注力したベンチャーキャピタルファンドに対する出資を決定し、組織的な新規事業開発の取組みを開始致しました。
更に、シドニーを拠点とする海外金融事業に置きましても、地理的な拡大や、個別株・株価指数CFD取引の強化などを通じて、より一層、事業基盤をグローバルに拡大していく1年だと思っております。

2017年も、「様々な人々の、お金に関する課題を解決するソリューションを生み出す会社」を目指し、「自分が使いたくなる、家族に勧めたくなるサービス」と言って頂けるような商品・サービス品質を目指し、全役職員一同、不断の研鑽を続けて参る所存でございます。
是非、本年も、よろしくご指導ご鞭撻を頂けますよう、謹んでお願い申し上げます。

代表取締役社長 川路 猛