ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。
現状の動きはバンドの下限から持ち直し、中心線を意識しての動きです。ただ、目先は上値の重さが意識されており、中心線で抑えられる格好となっています。バンドの上下限中心線は横ばいでの動きであり、レンジ圏での動きが意識され安いところです。バンド幅は比較的狭い状況ですので、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要でしょう。現状は下限のブレイクに警戒といったところでしょう。
RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での動きです。ただ、天井打ちの動きがみられており、このまま下落となると売り圧力が強まるでしょう。一方、中期線は下落基調で下値圏に入っています。これがすぐに底打ちといった動きになる可能性は低く、中長期的には売り優勢の流れといった状況です。短期線の天井打ちが意識されているだけに、目先は売り圧力が強まりやすく、バンドの下限をまずは目指してきそうです。

関連記事