FXの自動売買とは?メリットやデメリット・初心者向けのコツについて解説

FX投資をしてみたいけれど、取引チャンスを狙ってずっと画面を見ているのは難しい、そう思ってあきらめていませんか?FXには常に画面を見ていなくても、自動的に売買をしてくれる自動売買という仕組みがあります。

この記事ではFXの自動売買のメリット・デメリットや、自動売買で成功するコツについて解説しています。FX自動売買のやり方や初め方を知りたい人はぜひ最後までお読みください。

FXの自動売買とは

FXの自動売買とはあらかじめプログラムされた取引ルールに従って、自動的にシステムが売買してくれる仕組みのことを指します。FXの自動売買は取引ルールを決めておけば、自分が仕事中や就寝中などでFXの画面を見ていなくても、要件を満たせば自動的に売買が繰り返されます。なお、この取引ルールのことをアルゴリズムと言います。

【FX自動売買の特徴】

  • 取引ルール(アルゴリズム)に基づいて自動的に売買が行われる
  • 利益を積み重ねていく
  • 常にFX画面を監視している必要がない

FXの自動売買は、あらかじめ取引ルールを決めて自動的に売買する仕組み(システム)を作ることから、システムトレードとも言われます。ただし実際の自動売買は、必ずしも一から取引ルールを作り上げる必要はありません。すでにできあがった複数の取引ルールから自分の要望にあったものを選んで運用することも可能です。

FX取引の自動売買は危険?

自動売買ツールは、あらかじめ決めた取引ルールに基づいて自動的に売買が行われる便利なツールです。その反面まったく知識のない状態で自動売買を行うと、大損するリスクがあります。しかし自動売買で大損する原因や、運用のコツさえ理解すれば、リスクを減らせます。

【FXの自動売買で大損する原因】

  • 完全に放置している
  • 高いレバレッジで取引通貨量が多い取引をしてしまう
  • 裁量トレードを組み入れている
  • 損切りラインを間違えて設定している
  • ギリギリの証拠金で取引をしている

「今日の損失分を取り返したい」「含み益が出ているけれど、もっと上がるかもしれないから決済せずに待ってみよう」など、FX初心者ほど明確な根拠がない、感情に左右されたトレードをしてしまいがちです。その点、自動売買は感情に左右されることなく、機械的・継続的に売買ができるメリットもあります。

FXの自動売買で大損する原因について詳しく知りたい人は、以下の記事が参考になります。
関連記事:FXのEA(自動売買システム)は危険?大損する原因や成功のコツを解説

FX取引を自動売買でおこなうメリット

FX取引で自動売買を利用するメリットは主に次の3つです。

  • 売買タイミングを逃さない
  • 感情に左右されない
  • 専門的な知識がなくとも取引できる

それぞれ詳しく解説します。

売買タイミングを逃さない

FXの自動売買に対して、自分の判断でその都度取引する方法を裁量トレードと言います。裁量トレードは、自身の判断でスピーディに取引ができる反面、仕事中や就寝中の売買チャンスを逃してしまう可能性があります。自動売買であれば、あらかじめ定めた自動売買ルールを満たせば、自分がFXの画面を監視していない間も売買が行われるため、売買タイミングを逃しません。

【裁量トレードと自動売買の違い】

裁量トレード自動売買
自分の判断で、自分で売買する自動売買ルールに基づいて自動的に売買する

感情に左右されない

裁量トレードの場合、損得感情が働き、売買タイミングを逃してしまう可能性があります。

例えば、含み益が出ているにもかかわらず「もっと利益が出るかもしれない」という欲が出て利益確定が遅れてしまい、最終的に価格が反転して損失になってしまった。逆に含み損が出ていて「いつか損失が回復するかもしれない」という根拠のない願望から損切りが遅れてしまい、損失を拡大させてしまった。裁量トレードではこのようなことが起こりえます。

自動売買であれば自動売買ルールに基づいて機械的に売買が行われ、トレードが感情に左右されることはありません。

【裁量トレードと自動売買の違い】

裁量トレード自動売買
トレードが人の感情に左右されがちトレードが人の感情に左右されない

専門的な知識がなくとも取引できる

裁量トレードの場合、為替レートがいくらの時に売買するのか、いくらで決済するのかといったタイミングは、チャートやテクニカル指標などを確認しながら決めていきます。一方、自動売買は、あらかじめプログラムされ、なおかつ既に実績のある自動売買ツールを選ぶだけですぐに始められます。そのため自動売買は、専門的な知識がなくても取引が可能です。

【裁量トレードと自動売買の違い】

裁量トレード自動売買
チャートやテクニカル指標から売買・決済タイミングを判断すでに実績のある自動売買ツールを選ぶだけで、相応の結果がでる可能性があるため、専門的な知識がなくても取引ができる

FX取引を自動売買でおこなうデメリット

FXの自動売買は万能ではありません。以下のようなデメリットがあるため、注意が必要です。

  • 相場の急変動に対応できない
  • 裁量取引より手数料が高い

デメリットについてそれぞれ解説します。

相場の急変動に対応できない

FXの自動売買は過去の相場の値動きなどをもとにプログラムされているため、過去にない相場や、相場の急変動に対応できない可能性があります。自動売買は常にFXの取引画面を監視する必要はありませんが、完全放置をすると気がついたら大きな損失を抱えることもあり得ます。
直近で大きな価格変動が起きていないか、定期的にチャートをチェックしましょう。

またFOMCの政策金利発表や、米雇用統計、米消費者物価指数など、アメリカの重要指標の発表日前後は大きく為替レートが動くことがあります。多くのFX会社で重要指標の発表スケジュールを公開しているので、スケジュールをチェックして日程が近くなったら為替レートをチェックしておくことが大切です。

裁量取引より手数料が高い

自動売買は裁量トレードより手数料が高い傾向があります。
これは、FXの自動売買はより高い確率で投資家が成果を出せるように、日々改善が繰り返されているからです。また、自動売買の仕組みを常に稼働し続けるために、サーバーの維持管理が必要なことが理由として挙げられます。

自動売買は利益を積み重ねていく仕組みのため、トレード1件あたりの手数料が高いと、頻繁に利益確定されているもののあまり手取りの利益が増えていないと感じるかもしれません。

FXの自動売買が向いている人の特徴

ここまで紹介してきたメリット・デメリットを考えると、FXは以下のような人に向いています。

  • FX初心者
  • 長期運用を検討している
  • 忙しくて頻繁にトレードをする時間がない

FXの自動売買は、FX初心者にありがちな感情に任せたトレードを回避できます。またFXの自動売買は機械的・継続的に売買をして、売買益やスワップポイントを積み重ねていく方法です。そのため長期運用を視野に入れている人に向いています。

仕事や家事をしている間、就寝中も売買チャンスがあれば自動的に売買が行われるため、仕事や家事で忙しく、頻繁にトレード画面に向き合う時間がない人にもおすすめです。

FX初心者には選択型自動売買ツールがおすすめ

国内FX会社が提供しているFX自動売買ツールの種類には、選択型と開発型がありますが、FX初心者には選択型がおすすめです。選択型自動売買ツールとは、FX会社や他のトレーダーがあらかじめ設定している内容の中から選んで運用するものです。

メリットデメリット
・初心者でも始められる
・細かい設定は不要
・カスタマイズできない
・急なトレンドが生じたときに対応できない

選択型自動売買ツールは、すでにできあがっている自動売買システムの中から選ぶだけなので、FX初心者でも簡単に自動売買をスタートできます。

一方、カスタマイズができないため、自分の思い通りのトレードルールが作れないことがあります。また、例えばレンジ相場に強い自動売買を選択していて、急にトレンドが生じたような場合、対処できずに大きな損失につながるかもしれません。

FX上級者には開発型がおすすめ

開発型自動売買ツールは、売買設定を自分自身でプログラミングして設定したり、あらかじめプログラミングされた内容を編集したりできるツールです。自分でルールを決められるなど自由度の高い運用が可能です。

メリットデメリット
・自由度が高い
・カスタマイズしやすい
・FXに関する専門的な知識が必要
・プログラミングや取引ツールの仕組みの理解が必要

開発型自動売買ツールは自分で売買の設定をするため、自由度の高い設計が可能です。また自分で開発するため、カスタマイズも柔軟に対応できるでしょう。ただし自動売買ツールは必ずしも一から自分で設定をプログラミングする必要はありませんが、あらかじめ設定した内容を編集する場合もあるため、少なくともプログラミングや取引ツールの仕組みは理解しておく必要があります。

FXの自動売買に必要な最低資金

FXの自動売買に最低限必要な資金は、各通貨ペアの基準価格(毎営業日の終値)や、選択する通貨ペアなどによって異なります。

例えば1ドル130円のときに、米ドル/円を1,000通貨購入するときの必要証拠金を計算してみましょう。

【レバレッジ25倍の場合】
1ドル130×1,000通貨×4%(1/25)=5,200円
必要証拠金は5,200円

【レバレッジ1倍の場合】
130万円×1,000×1(1/1)=13万円
必要証拠金は13万円

つまりこのケースでは5,200円~13万円の資金が最低限必要になります。

FX初心者が自動売買を成功させるコツ

FX初心者でも自動売買で成功するコツは次の3つです。

  • 少額から取引を始める
  • 余剰資金で取引する
  • メジャーな通貨ペアを選択する

それぞれ詳しく解説します。

少額でも資金に余裕を持っておく

初心者はまず少額から取引を始めましょう。ただし自動売買の場合は、複数ポジションを保有するため、評価損を抱えながら運用することになります。そのため必要証拠金ギリギリしか口座に用意していないと、すぐにアラートが発生し、ロスカットにつながりやすくなる点には注意が必要です。

自動売買の場合は、少額取引でも資金に余裕を持っておくことを心がけましょう。

余剰資金で取引する

余剰資金で取引をしないと、いつの間にか日々の生活に必要なお金まで使ってしまい、日常生活が困難になるおそれがあります。余剰資金で取引をするよう心がけましょう。これはFXに限らず、投資全般に言えることです。
余剰資金とは「当面使うことがないお金」のことで、次のように計算します。

【余剰資金の計算方法】

余剰資金=毎月の手取り収入-日々の生活に必要なお金-近く使い道が決まっているお金
※日々の生活に必要なお金
・・・食費、家賃、住宅ローンの返済、光熱費、急な支出(例:医療費)など
※近く使い道が決まっているお金・・・車の購入、旅行費用、教育費など

メジャーな通貨ペアを選択する

メジャー通貨は流通量が多い通貨同士のペアのことで、具体的にはユーロ/ドル、米ドル/円、米ドル/英ポンド、米ドル/豪ドル、米ドル/カナダドルなどがあります。

初心者が自動売買でメジャーな通貨ペアを選択したほうが良い理由として、メジャー通貨は流通量が多く値動きが比較的安定していること、また通貨に関する情報が日本でも入手しやすいことが挙げられます。

関連記事①:FX自動売買は現実的に利益を狙える?コツや向いている人の特徴
関連記事②:FX初心者におすすめの通貨ペア5選|選び方や取引成功のコツ

FX初心者におすすめの自動売買サービス2選

FX初心者におすすめの自動売買サービスとして、トライオートFXとマイメイトの2つのサービスを紹介します。どちらもすでに用意されている自動売買システムの中から、自分に合ったものを選ぶだけで自動売買がスタートできます。

トライオートFXは、基本的なFX自動売買をまずは経験してみたいという方におすすめ。一方、マイメイトはエージェントというAIを搭載した可愛いらしいキャラクターが、常にトレードを学習し続けるという特徴があり、楽しみながらでFX取引をしたい方におすすめ。

トライオートFX

【トライオートFXの特徴】

  • 選択型と開発型がある
  • 取引コストが安い
  • スマートフォンアプリでどこでも使える

トライオートFXは、すでに用意された自動売買プログラムの中から選ぶだけ。自動売買プログラムの過去の成績を見て、選ぶことができます。自分が仕事をしていても、就寝中でも24時間、取引チャンスを逃すことがありません。世界に一つだけのオリジナルプログラムを作ることも可能です。

【インヴァスト証券 トライオートFXの基本情報】

ツールの種類開発型
選択型
取扱通貨ペア数20種類
最低取引通貨単位1,000通貨単位(南アランド/円のみ10,000通貨単位)取引手数料1万通貨未満:1,000通貨あたり片道20円
1万通貨以上10万通貨未満:1,000通貨あたり片道10円
10万通貨以上50万通貨未満:1,000通貨あたり片道5円
50万通貨以上:無料  
スマホアプリ対応スプレッド変動制
無料デモ提供会社インヴァスト証券

【トライオートFXがおすすめな人】

  • FX初心者~上級者まで対応
  • 安心して取引がしたい

【トライオートFXをおすすめしない人】

  • 裁量トレードが大半の人
  • デモトレードで練習したい

トライオートFXは選択型の自動売買ですが、自分だけの自動売買が作れる「ビルダー機能」も搭載しています。そのため初心者から上級者まで幅広いユーザーのニーズを満たすことができます。
ただしデモトレードがないため、デモトレードでFXの感覚をつかんでからトレードを始めたいという人は注意が必要です。

マイメイト

【マイメイトの特徴】

  • 選択型の自動売買ツール
  • AIを活用したFX
  • レンジ相場にも強い
  • エージェントが常に学習し続ける

マイメイトはエージェントと言われるAIを搭載したキャラクターに、FXの自動取引を任せられるサービスです。直近の相場や取引結果をもとに、エージェントがトレードを常に学習し続ける点が、他の自動売買と大きく異なります。またエージェントは自分で作ることができますが、他のユーザーが作ったエージェントも選べます。さらに一定の価格帯で、あらかじめ注文をセットしておき、価格に到達すると注文される、レンジ相場向けのエージェントもあります。

ツールの種類選択型取扱通貨ペア数16種類
最低取引通貨単位5,000通貨取引手数料無料
スマホアプリ対応スプレッド変動制
投資助言報酬として1,000通貨あたり1円(税込)が含まれます。
またマークアップゼロモードの場合、投資助言報酬が無料
無料デモ
ただしエージェントの育成のみであれば無料でできる
提供会社インヴァスト証券

【マイメイトがおすすめな人】

  • FX初心者
  • 中長期で運用したい
  • 楽しみながら取引がしたい

【マイメイトをおすすめしない人】

  • 自分でトレードをしたい人

マイメイトは初心者でも楽しみながらFXトレードを始められます。一方、自分の判断でトレードをしたいという人には向いていません。

まとめ

FXの自動売買とは、あらかじめプログラムされた設定に基づいて、自動的に売買が行われる仕組みのことです。FXの自動売買は、「開発型・選択型」「リピート型・トレンド型」の4種類があり、このうち選択型はあらかじめ用意された自動売買システムの中から選択するだけで、難しい設定は不要です。

またトレンド型は、売買方向とは反対方向にトレンドが動いた場合、大きな損失につながる可能性があります。リスクがゼロにはなることはありませんが、自動売買を始めたいFX初心者は、まず選択型、かつリピート型の自動売買から検討してみましょう。