欧米市場の戦略

■アジア市場サマリー
日経平均 20081.63 +49.28 +0.25%
TOPIX 1618.63 +8.93 +0.55%

■現況のセンチメント
中立(VIX指数11.22)

■市場のテーマ
米長期金利の動向
主要国の株価動向
トランプ政権の政策への思惑
原油相場の動向
北朝鮮に対する米政府の対応

■本日の材料
17:30 (英)製造業PMI
23:00 (米)製造業受注指数
03:00 (米)FOMC議事録

■今夜の売買戦略(ドル円)
 NY市場の動向に注目 

早朝に113円を割り込む展開となったドル円は、
「北朝鮮が6回目の核実験を行う可能性が高い」との
報道を受け、午前中に112.80台まで下押す場面が
見られましたが、下落一服後は日経平均の反発に伴い
下げ幅を縮小。午後に入ると113円台を回復し、昨夜の
揉み合い水準=113.20台まで値を戻す動きとなりました。
さて、今夜は休場明けのNY市場の動向に注目と同時に、
挑発を繰り返す北朝鮮に対する米政府の反応にも警戒
が必要でしょうか。
深夜3時にはFOMC議事録が公開されますので、短期値幅取り
には妙味のある地合となりそうです。
ドル円は112円台後半~113円台後半の値幅を想定し、
NY市場に波乱が無ければ、押し目買い主体の取引で
勝負したいと思います。

現在のレート
 ドル円:113.23

関連記事