東京午前

 東京市場午前の動向は、ドルが堅調、円が軟調な展開となっている。
 特にポンドドルは、6月8日の英総選挙に向けて、メイ首相が率いる保守党の支持率の低下が悪影響を与え1.2868まで下落、ユーロドルも1.1185まで売りに押された。また、ドル円も上値が重く、111.88を上限に111.55まで下落、ユーロ円が125.43から124.88、ポンド円が143.69、オージー円が82.82まで値を下げた。

関連記事