ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。
現状の動きはバンドの中心線と下限に挟まれたレンジを動いており、上値の重さが意識される状況となっています。バンドの上下限中心線が下落基調で、トレンドは下向きです。バンドの下限の下落の勢いは弱まっており、徐々にバンド幅は縮小傾向となっています。先行きに関してはとりあえずは狭いレンジでの動きが意識されるのではないでしょうか。
RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇となっていましたが、中立水準にも届かない段階で横ばいから腰折れ気味です。短期的な上値の重さが意識される状況です。一方、中期線は下値圏での横ばいです。中長期的には売り優勢の流れであり、仮に短期線が持ち直して上昇しても、戻り売り圧力に抑えられる展開となりそうです。

関連記事