ユーロドル30分足

ユーロドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。
現状の動きはバンドの上限をブレイクしてのバンドウォークとなっています。バンド幅も拡大基調であり、さらに上値を拡大する可能性もあるでしょう。ただ、バンドの下限の下落の勢いが落ちていることは注意したいところでしょう。下限が横ばいから上昇となったら調整の動きが強まる展開となるので、その点は頭の片隅に入れておきたいところです。
RCIで見ると、短期線は高値圏での横ばいです。これが天井打ちとなるかどうかがポイントとなりそうです。一方、中期線も高値圏での横ばいです。これがすぐに天井打ちとなる可能性は低く、中長期的には買い優勢の流れでしょう。短期線の動き次第ではありますが、基本的には買いの流れであり、安易な戻り売りは危険でしょう。

関連記事