シストレ24「フルオート」がバージョンアップ!

多くの方にご利用いただいているストラテジー自動入れ替え機能「フルオート」を2019年2月16日にバージョンアップいたしました!
シストレ24フルオートのバージョンアップを記念して、2つのキャンペーンを実施いたします。ご応募期間は2/28(木)までです!
第1弾:条件達成でもれなく16,000円キャッシュバック!
第2弾:第8回「俺のフルオート」開催!史上最大級のプレゼント!

 

1.新ソート「運用効率」とは

過去のデータをもとに当社で検証をしたところ、フルオートの成績に大きく影響している要因の一つが「期間・収益」項目の「実現損益順」・「収益率順」のソート箇所であることがわかりました。そこで、今回、現行の実現損益順・収益率順の両方にいえる「成績順」とは異なるソートを開発する事で、パフォーマンスの多様化及び改善の機会を目指しています。

高評価 低評価
総利益
売買ごとの成績のばらつき
利益幅の平均
損失幅の平均

この仕組みにより、「総利益はいいけど成績のグラフを見るとイマイチなストラテジーだった(損益の波が大きいもの)」、「何連勝もしたのに1度の損失で利益がなくなってしまった(利小損大)」といったこれまで判断の難しかった部分を機械的に評価しています。

<例>

下記表のようなAB、2つのストラテジーの10回の履歴(pips)を例にします。

  • AもBも、pips合計は200pipsです。
  • AもBも、73敗で勝率は70%です。
  • 推奨証拠金も同額であれば、収益率も一緒になります。

では、この2つのストラテジーをチャートで評価してみましょう。

青の棒グラフがトレードごとの損益pipsを表し、赤の線グラフがその積算pips(資産曲線)を表しています。同じ実現損益、同じ勝率でも、その内訳が違うことで取引時に受ける印象に差があるのではないでしょうか。ストラテジーAとストラテジーBの差は「売買ごとの成績のばらつき」「利益幅vs損失幅」です。

これらをデータ化し、評価の良いストラテジーBを選択するようになるソートが「運用効率」です。

運用効率はフルオートの期間・収益に追加されています。

2.新しくなった3つのステータスについて

好調ステータス

現在 最初に大きく利益を上げ、その後成績が不調になっても、30日間の実現損益が20,000円以上の場合は好調ステータスが点灯
直近30日間において、今が実現損益のピークのとき=「今、好調」のストラテジーに点灯

不調ステータス

現在 直近30日間の累計損失が50,000円以上のストラテジーに点灯していますが、最初に大きく損を出した後、復活しているストラテジーにも不調が点灯
直近30日間において、今が実現損益のボトムのとき=「今、不調」のストラテジーに点灯(今が実現損益のボトムのときだけ点灯)

高勝率ステータス

現在 過去12ヶ月間のデータを比較し、「勝率」が全ストラテジーの平均よりも高いストラテジーに点灯
直近1ヶ月で決済約定が5件以上で、直近(1年or半年のいずれか)の決済約定の勝率が66%以上のストラテジーにステータスを点灯

新しいステータスのアイコンは今までのアイコンと区別するため、ステータスのアイコンには☆マークがついていますのでご確認ください。

※今までの「好調」・「不調」・「高勝率」アイコンは、第8回俺のフルオート終了後に無くなりますのでご注意ください。

フルオート設定画面では、選択ステータス1、選択ステータス2、除外ステータスに登場しています。また、今回新しくなった3つのステータスのほか、いままでストラテジー検索にしかなかった「人気上昇中」と「週間TOP100」もフルオートの選択ステータスに登場しています。

新しくなったフルオート設定画面イメージ

 

3.保存機能について

俺のフルオートで入賞した「ランカー」さんのアンケートなどお客様からご要望をいただいている機能の一つに「自分で作ったフルオート・過去に使ったフルオートを保存して使えるようにしてほしい」という声がありました。

保存機能はフルオート設定画面の一番下に設置しています。最大3つまでの設定を保存することが可能です。

ボタンを押すとそれぞれ設定保存・読み込みがポップアップで表示されます。

保存画面

読み込み画面

※注意ポイント:読み込みをすると今の設定が上書きされますのでご注意ください。もし間違って読み込んでしまった場合は、稼動せずに「閉じる」ボタンを押すと元に戻ります。

3つの新しい機能を搭載したバージョンアップしたフルオートを是非、ご確認ください。