米大統領選でレンジ追尾が本領発揮!利用者の95%が利益を上げる!!

昨日11月9日(水)の米国大統領選挙開票では、事前のクリントン氏優勢予想からまさかのトランプ氏当選にマーケットは大きく揺れ動きました。 開票速報でトランプ氏優勢が伝わった午前10時頃から米ドルが売られ始め午後2時頃には米ドル円が一時101円台割れ寸前、ユーロ米ドルは1.13直前まで上昇しその後急速に値を戻すレンジの動きとなりました。

 

万が一トランプ氏当選の場合はリスクオフでドル安・株安と言われていましたが、そのまさかが6月のイギリスのEU離脱と同様現実となりました。

この上下の大きな変動が、トライオートFXの「レンジ追尾」にとっては”待ってました”とばかりに売り、買い両方のAP注文が利益確定を繰り返し、レンジ追尾を利用していたお客様の95%が利益を獲得いただきました!

昨日の自動売買利用者の内訳は(図1)の通りで、自動売買で取引いただいているうちの約30%の方が「レンジ追尾」を利用していました。


それぞれの自動売買でトータルで利益を上げたお客様の比率は(図2)の通りです。

自動売買で利益を上げている方が多い中でも特に「レンジ追尾」では95%のお客様が昨日一日で利益を上げているのです。


 

では、どの通貨ペアでもっとも利益を上げていたかというと、当初から「レンジ追尾」にマッチしていたユーロ米ドルを利用いただくお客様が多くなっています。(図3)

 

もしトランプ氏が当選したらというシナリオを思い描けたとしても、ここまで大きく、それも上下に振れる値動きを予想して裁量でこのような利益を上げることが果たしてできるでしょうか。

もちろんレンジ追尾はこうした相場を予想しているわけではありません。上がるか下がるかの判断はせずに、一定の値幅に買い注文と売り注文を同時に設定することで動いた方向で利益を積み上げていく手法です。レンジ追尾の考え方について動画で紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

トライオートFXのレンジ追尾~もう相場予想で悩まない~


 

レンジ追尾の運用方法についてはこちらの記事をご覧ください。

レンジ追尾を止めるタイミングとは?データサイエンス部からの指摘

 

関連記事