人気上昇中!豪ドル/米ドルDパーツ

前回記事、レンジ追尾パーツ追加のタイミングがやってきた?でお客様のご利用状況をご紹介しました。その際、ユーロ/米ドルおよび英ポンド/米ドルの2通貨ペアをご紹介させていただきましたが、実はあのグラフでは他にも豪ドル/米ドル、米ドル/円の人気があることが分かります。

 

 

この中で、ご利用いただくお客様が徐々に増加、ユーロ/米ドル、英ポンド/米ドルの2通貨ペアに迫る勢いを見せている豪ドル/米ドルDパーツについてご紹介したいと思います。

 

・12ヶ月でも収益をあげている豪ドル/米ドルDパーツ


上図は豪ドル/米ドルDパーツの12ヶ月の成績を表示したものです。

豪ドル/米ドルDパーツは過去1年間を通じて継続的に取引しており、12ヶ月ランキングで1位に来ています。そのため、そういった面倒な対応を行う必要がなく、長期的な継続性が評価されお客様にご利用されていると考えられます。

また、お客様の利用状況を見ると、豪ドル/米ドルDパーツの80%超のお客様は他のパーツを併用して利用いただいており、他のパーツを短期的に利用しながらも豪ドル/米ドルDパーツは長期的にご利用いただいていることが伺われます。

 

レンジ追尾【分割版】運用時のご注意 

レンジ追尾を分割した今回の仕掛けはどうしてもフォローする価格の範囲が狭くなってしまうため、定期的に価格がレンジに入っているかどうか確認しないといけません。

例えば、前回の記事でもご紹介した人気のある英ポンド/米ドル_Hパーツは3月に入って以降取引を行っておらず、すでにIパーツの方が取引している状況になります。

このような状況になった場合、価格が再度戻ってくるのを待つのもひとつの手ですが、Iパーツを追加する、損益がプラスならHパーツをいったん終了して、Iパーツに乗り換える、などの方法を採ることができます。

 



通貨ペアを分散して、パーツをご利用いただく際のご参考になれば幸いです。

 

関連記事