【トライオートETF】金利調整額・貸株料調整額の支払いはいつ発生しますか?

金利調整額の支払いは、建玉を保有した状態で午前5時55分(米国サマータイム期間午前4時55分)を迎えると日々発生し、有効証拠金から差し引かれます。月曜日から木曜日の付与日数は1日。金曜は3日となります(休日等に関わらず)。

売り建玉の金利調整額には貸株料調整額も含まれます。

また、下記のタイミングで実現損益として証拠金預託額より差し引かれます。

  1. 決済時
  2. 四半期3・6・9・12月の最終取引日(金利実現日)
  • 証拠金預託額より差し引かれる前を「未確定」、証拠金預託額より差し引かれることを「確定」とします。
  • 金利調整額が1円に満たない場合は1円とし、1円以上の小数点は切り捨て計算といたします。

例:1月2日から4月20日まで保有している場合

3月31日の朝に、1月2日から3月30日(四半期最終取引日の前営業日)までの金利調整額が証拠金預託額から差し引かれます。3月31日から4月20日まで発生している金利調整額は未確定分として計算され、有効証拠金から差し引かれます。

手数料例

金利調整額の確認方法

  • 「建玉照会」にて、現在の建玉に対して発生した金利等合計(確定分 + 未確定分)を確認いただけます。
  • 「約定照会」にて、決済完了した建玉の金利等(確定分のみ)を確認いただけます。
  • 「報告書ダウンロード」>「日次報告書」>「取引報告書兼取引残高報告書」にて当日発生した金利調整額を確認いただけます。

取引ツールのHOME画面では、「金利等合計」として確定分+未確定分の累計を表示しています。

関連FAQ:【トライオートETF】金利調整額の計算方法を教えてください。