欧米市場の戦略

■アジア市場サマリー
日経平均 20013.26 +104.00 +0.52%
TOPIX 1591.66 +1.25 +0.08%

■現況のセンチメント
中立(VIX指数10.04)

■市場のテーマ
米金融政策への思惑
米長期金利の動向
主要国の株価動向
トランプ政権の政策への思惑
トランプ大統領の機密漏洩問題

■本日の材料
21:30 (米)卸売在庫
   (加)雇用ネット変化
   (加)失業率

■今夜の売買戦略(ドル円)
 イベント通過で再び揉み合いか?

昨夜から東京市場にかけての為替相場の動きを簡単に
まとめますと・・・ECB⇒緩和継続示唆でユーロ売り、
コミーFBI長官の議会証言⇒サプライズ無しでほぼ無風、
英総選挙⇒与党保守党苦戦でポンド売り と言った動き
となりました。
ドル円は、イベント通過毎に上下に振れつつ下値を切り上げ、
本日の東京市場では110円台を回復。東京市場大引け後には
一時110.47まで上値を伸ばしております。
3つのイベントを大きな波乱無く通過し、ドル円は材料難から
再び揉み合い相場となるでしょうか。市場の関心は来週の
FOMCに移行すると思われ、それまでは3.4月と5月半ば以降に
形成した110円台後半を中心としたレンジ相場に収束する動き
となるかもしれません。
今夜のドル円は109円台後半~110円台後半の値幅を想定し、
NY市場の動向を睨みつつ押し目買い主体の取引で勝負します。

現在のレート
 ドル円:110.36

関連記事