欧米市場の戦略

■アジア市場サマリー
日経平均 19677.85 -4.72 -0.02%
TOPIX 1572.67 +2.46 +0.16%

■現況のセンチメント
中立(VIX指数10.75)

■市場のテーマ
米長期金利の動向
主要国の株価動向
トランプ政権の政策への思惑
米金融政策への思惑
トランプ大統領の機密漏洩問題

■本日の材料
21:30 (米)個人所得
   (米)個人支出
   (米)PCEデフレーター
22:00 (米)S&P/ケース・シラー住宅価格指数
23:00 (米)消費者信頼感指数
02:00 (米)ブレイナードFRB理事の講演
 

■今夜の売買戦略(ドル円)
 揉み合いか?

昨夜の海外市場は、ロンドン・NY市場が休場につき、ドル円は
111円台前半の水準で小動きに終始しました。
一夜明けた東京市場では、朝鮮半島情勢やロシアゲート問題、
ギリシャ問題の再燃等の複合的なリスクが意識された事で
ドル円は111円を割り込み、一時110.70台まで下げ幅を拡大しました。
現在欧州の主要株価指数は概ね軟調な展開となっており、欧州序盤
で一時111円台を回復したドル円は、再び110円台後半の水準に
反落しております。
今夜のドル円は110円台半ば~111円台の半ばの値幅を想定し、
戻り売り主体の取引で勝負したいと思います。

現在のレート
 ドル円:110.98

関連記事