欧米市場の戦略

■アジア市場サマリー
日経平均 19813.13 +70.15 +0.36%
TOPIX 1578.42 +3.31 +0.21%
■現況のセンチメント
ややリスクオン(VIX指数10.02)
■市場のテーマ
米長期金利の動向
主要国の株価動向
トランプ政権の政策への思惑
米金融政策への思惑
トランプ大統領の機密漏洩問題
■本日の材料
21:30 (米)新規失業保険申請件数
   (米)卸売在庫
23:00 (米)ブレイナードFRB理事の講演
02:00 (米)7年債入札
■今夜の売買戦略(ドル円)
111円台で揉み合いか? 
昨日のFOMC議事録では、タカ・ハト(足元の経済活動の
減速傾向が一過性のものだという証拠を必要とする)混合
の内容が示され、マーケットは株高・債券高(利回り低下)で
反応。金利低下を受け、ドル円は112円手前の水準から111円台
半ばの水準まで下押す展開となりました。
ドル円は再び111円台でのレンジに回帰した感があります。
現状では閉塞感を打開するドライバーが見当たりませんので、
今夜の欧米市場も111円台を中心とする揉み合い商状となる
かもしれません。
ドル円は111円台前半~112円台前半の値幅を想定し、足元の
堅調な株価を鑑みて押し目買い主体の取引で勝負したいと
思います。
現在のレート 
 ドル円:111.75

関連記事