欧米市場の戦略

■アジア市場サマリー
日経平均 19814.88 -104.94 -0.53%
TOPIX 1575.82 -8.41 -0.53%
■現況のセンチメント
中立(VIX指数10.65)
■市場のテーマ
米長期金利の動向
主要国の株価動向
トランプ政権の政策への思惑
米金融政策への思惑
トランプ大統領の機密漏洩問題
■本日の材料
20:00 (米)MBA住宅ローン申請件数
23:30 (米)週間原油在庫
■今夜の売買戦略(ドル円)
 戻り売り主体の取引で勝負
昨日の海外市場では、NY市場で米長期金利が低下した事
からドル売り優勢の展開となり、ドル円は一時113円を
割り込む場面が見られました。
トランプ大統領の情報漏洩問題や共和党内での税制改革に
対する否定的な見解から、本日の東京市場でも米長期金利
の低下は継続し、ドル円は112.30台まで下げ幅を拡大。
大引け後には一時112.20台まで下落しております。
ドル円は米長期金利との相関を高めており、今夜の欧米
市場も、米債券市場の動きを睨んだ展開となりそうです。
米長期金利は2.3%台を割り込んでいる為、目先のドル円は
戻り売り主体の取引で勝負したいと思います。
尤も、昨夜の金利低下の動きはやや急ピッチであった事もあり、
一時的に金利が反発する局面も想定されますので、突っ込み売りは
出来るだけ控え、反発局面で慎重に売りを狙います。
111円台後半~113円前後の値幅を想定しております。
現在のレート
 ドル円:112.30

関連記事