東京午前

 東京午前動向は、日経平均が、節目の2万円に迫る展開となったことで、円売りが優勢となったが、その後日経平均が、上げ幅を縮小すると調整売りが強まる形となった。
 ドル円は113.77から113.42、ユーロ円は124.96から124.59、ポンド円が146.86から146.36まで下落、オージー円は、RBA議事録に新味はなく84.52から84.01まで調整。NZD円が78.5から78.13、カナダ円が83.48から83.18まで売りに押された。またユーロドルは1.0990かで買いが優勢となった。

関連記事