【トライオートETF】長期保有した場合、金利分でマイナスになりませんか?

トライオートETFでは、買いポジションを保有していると金利調整額が差し引かれる一方、実際の配当に相当する額を分配相当額として受け取ることができます。
買いポジションに対して発生する金利調整額は「0.9%+LIBOR」となり、世界的な低金利の影響もあり金利コストは低くなっています。
一方、分配相当額は銘柄により異なりますが、配当利回り2%以上の銘柄も多数存在します。
金利調整額と配当利回りのみで比較いただいても有利な銘柄が多数ありますが、実際に購入する際には、金利や配当以外に長期視点での値動き、投資対象銘柄、国などの成長性などの観点も重要となります。
取引画面>銘柄リストにて各銘柄の詳細情報をご確認いただけますので、総合的に判断して投資対象銘柄をお選びください。