昨晩の海外

 昨晩の海外市場は、中東情勢を懸念したリスク回避的な展開が続いた。イラン政府が、「13の報復シナリオが検討されている」としたことやAP通信が「米国は中東を航海する船舶に対してイランからの行動の可能性を警告」と報じたことなどが嫌気されて、138ドル安からスタートしたNYダウは、終始軟調な展開に留まった。ただ、米12月ISM非製造業指数が、市場予想を上回ったことがドル相場を支えた。
 ドル円は、鈍い動きの中108.63まで反発、ユーロドルは1.1134まで売りに押され、ポンドドルは、ジョンソン首相の財政政策に対する期待感から1.3213まで上昇後、1.3096まで売りに押された。
 一方クロス円では、ユーロ円が120.78まで下落、ポンド円は143.31まで反発後142.03まで値を下げ、オージー円が74.35、NZD円は71.82、カナダ円は83.18まで値を下げた。