東京午前

 東京午前の動向は、黒田日銀総裁が日銀支店長会議で、「必要な限り、イールドカーブ・コントロールを継続する」と述べたことを材料に、円を売り直す動きとなった。
 ドル円が113.87を下値に114.20まで上昇、ユーロ円が130.28、ポンド円が147.29.、オージー円が86.91、NZD円が86.91、カナダ円が88.68まで値を上げた。
 一方ユーロドルは、1.1410まで上昇も、ビルロワドガロー仏中銀総裁がECBの金融政策変更は秋頃の予定と述べたことで、上げ渋った。

関連記事