東京午前

 東京午前の動向は、米FOMCを控えて、様子見気分が続く。
 ドル円は110.13から109.96、ユーロドルは1.1220まで買い戻しが優勢。
 クロス円では、ユーロ円が123.46まで値を上げ、ポンド円は141.42から141.19、オージー円は、良好な中国指標の影響は少なく、83.02から82.85で推移、NZD円は弱い経常収支を受けて、79.25まで一時売り込まれた。

関連記事