NY午前

NY午前の動向は、米FOMCを控えて、警戒感が残る中、まちまちの展開。
 ドル円は110.27から109.91まで下落、ユーロドルは1.1225から1.1192まで売りに押され、ポンドドルは1.2755まで買われた。

 また、ドルカナダが、原油の調整にも昨日から続く中銀の低金利に対する懸念発言を受けて1.3212と4月13日以来の安値まで下落した。

関連記事