クロス円

 ユーロ円は123.72から122.79まで下落、ポンド円が138.67まで売りの押され、オージー円が82.59、NZD円が78.94まで値を下げ、カナダ円は81.41まで下落後、ウィルキンス・加中銀副総裁が、「BOCは刺激策を後退させることが必要かどうか評価する」と発言したことで、82.17まで急伸した。

関連記事