NY午後

一時のドル買いも、巻き戻しが優勢。ドル円は110.81まで上昇後110.32まで下落、ユーロドルは1.1116の安値から1.1204まで反発、ポンドドルは、保守党の過半数割れを受けて1.2636まで下落後、1.2780まで一時反発。

 クロス円は、ユーロ円が123.22から123.86、ポンド円が139.53から141.12まで反発、オージー円が83.40、NZD円が79.75まで値を上げ、カナダ円は、加5月就業者数の増加を受けて82.44まで買い戻しが優勢となった。

関連記事