ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。
現状の動きはバンドの上限をブレイクしての動きからバンドウォークとなっています。現状はバンド幅の拡大しており、さらに上昇する可能性はありそうです。ただ、目先は調整の動きが入っており、バンドの下限の下落の勢いも落ちています。下限の動き次第では調整の動きが強まる可能性もあるため、ここからの動きには注目です。
RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での動きです。これがこの水準を維持することができるかどうかで流れが変わりそうです。一方、中期線は底打ちから上昇しての動きです。中長期的には底堅い動きが意識されそうです。一時的に調整の動きが入る可能性はありそうですが、仮に調整の動きが入っても底堅い動きが意識されそうです。

関連記事