ユーロドル30分足

ユーロドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。
現状の動きはバンドの上限から調整の動きが入り、中心線まで下落したものの、そこで支えられて持ち直す動きとなっています。バンド幅は縮小傾向であり、市場にはエネルギーが蓄積されてきています。バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要な状況となっています。現状はバンドの中心線で支えられていることから、上限での動きに注意といったところでしょう。
RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落していましたが、下値圏に入る前に反転上昇となっています。このまま上昇基調を強めるかどうかに注目が集まります。一方、中期線は高値圏での動きです。目先は天井打ち気配となっていますが、じり安基調であり、中長期的にはまだしっかりとした動きが展開されるのではないでしょうか。

関連記事