ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。
現状の動きはバンドの上限から調整の動きが入り、中心線を意識しての動きとなり、目先はそこで支えられて再度持ち直す動きとなっています。バンドの上下限中心線がほぼ横ばいであり、レンジ圏での動きが意識されやすい状況です。ただ、バンド幅は比較的狭い状況にあるので、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要でしょう。バンドの上限を目指しての動きであり、上値を拡大する動きに注意です。
RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落し、高値圏から外れています。ただ、中立水準に届く前に横ばいでの動きとなっており、これが上昇すれば再度高値圏に入っていきそうで、短期的に買い圧力が強まるでしょう。一方、中期線は高値圏での動きです。天井打ち気配がありますが、じり安であり、中長期的にはしっかりとした動きが意識されやすいでしょう。短期線の動き次第ですが、下値は堅そうです。

関連記事