ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。
現状の動きはバンドの下限から一気に上昇し、上限をブレイクしてのバンドウォークとなっています。バンド幅は拡大基調であり、下限の下落基調も継続している状況で、さらにバンドウォークを継続する可能性はありそうです。バンドの下限の下落基調が継続する限り、安易な戻り売りは危険でしょう
RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇して高値圏での動きです。一方、中期線も底打ちから上昇しています。短期線の上昇の勢いが強かったので、あっさり天井打ちといった可能性はありそうですが、中期線の上昇なども考えると、仮に調整の動きが入ったとしても一時的で、底堅い動きが継続するのではないでしょうか。

関連記事