ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。
現状の動きはバンドの下限から持ち直し、中心線を意識しての動きとなっています。目先は方向感の見えにくい状況で、バンド幅の縮小傾向もあって小動きです。ただ、市場には徐々にエネルギーが蓄積されてきており、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要でしょう。
RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での動きです。これがこの水準を維持することができるかどうかに注目が集まります。一方、中期線は天井打ちから下落となっています。中長期的には上値の重さが意識されやすい状況であり、短期線が天井打ちから下落となったら、下げ幅を拡大する動きとなりそうです。

関連記事