ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。
現状の動きはバンドの中心線から上昇し、目先はバンドの上限をブレイクしての動きとなっています。バンドの下限が下落に転じており、バンド幅の拡大を伴いながらの動きとなっており、バンドウォークしやすい格好となっています。ここからさらに上値を拡大する可能性を視野に入れての対応となりそうです。
RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での動きです。現状じり高基調ですが、上値余地はほとんどありません。一方、中期線は上昇基調で高値圏に入っています。これがすぐに天井打ちとなる可能性は低く、中長期的には買い優勢の流れが意識されるでしょう。短期線の動き次第ですが、まだ買い圧力の強い展開が継続されそうです。

関連記事