ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。
現状の動きはバンドの下限から持ち直しての動きで、中心線を目指しての動きです。バンドの上下限中心線はじり安基調で、大きな動きにはなりにくい状況です。状況としては一時的な戻りは意識されそうですが、上値の重い展開となり、再度押し戻されるのではないかとみています。
RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇となり、下値圏から外れています。まだ上値余地を残している状況であり、目先はシッカリとした動きが展開されそうです。ただ、中期線は下落して下値圏に入っており、中長期的には売り優勢の流れです。一時的に戻す動きがあったとしても、戻り売り圧力に抑えられる格好で上値は重いでしょう。

関連記事