ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。
現状の動きはバンドの上限から調整の動きが入り、中心線を抜けて下限を目指す動きとなっています。バンドの上下限中心線は横ばいでの動きであり、基本的にはレンジ圏での動きが意識されやすい状況です。ただ、バンド幅は狭く、市場にはエネルギーが蓄積されている状況です。ですので、バンドの上限もしくは下限での動きには注意しておいたほうが良さそうです。
RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落し、下値圏を目指す動きです。下落の勢いが強いため、下値圏に入ってからあっさり底打ちといった動きになる可能性もありそうですが、目先はまだ売り圧力が意識されやすい形です。一方、中期線は高値圏での動きです。ただ、天井打ち気配があり、中長期的には徐々に上値の重さが意識されていくでしょう。一時的な戻りはありそうですが、戻り売り圧力に抑えられやすいのではないでしょうか。

関連記事