ユーロドル30分足

ユーロドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。
現状の動きはバンドの上限から調整の動きが入り、一気にバンドの中心線をブレイクしての動きとなっています。一時バンドの下限に迫りましたが、そこからは若干持ち直しています。バンドの上限は横ばい、下限はじり高といった動きであり、バンド幅は縮小傾向です。市場にはエネルギーが蓄積されてきており、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要でしょう。目先はまだ方向感は見えにくいところです。
RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落し、下値圏に入ってきています。短期的には上値の重さが意識されやすい状況です。一方、中期線は高値圏での動きです。天井打ち気配が見えていますが、まだ中長期的には底堅い動きが意識されやすいでしょう。短期線が底打ちできるかどうかといったところではありますが、一時的には持ち直す場面もありそうです。ただ、中期線の天井打ち気配が警戒されるところで、上値は徐々に重くなりそうです。

関連記事