ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。
現状の動きはバンドの下限から持ち直したものの中心線に届かずに再度下落する動きとなっています。目先はバンドの下限を意識しての動きで、先行きに対する警戒感が意識されています。バンドの上限は下落基調から目先じり高となっており、バンド幅の拡大基調が意識されています。これが上昇基調を強めた場合はバンドウォークが意識され、下値を拡大する展開となるでしょう。
RCIで見ると、短期線は下落基調で下値圏に入っています。下落の勢いはそれなりに強いので、あっさり底打ちといった動きとなる可能性もありそうです。一方、中期線は下値圏での横ばいです。中長期的には上値の重さが意識される状況であり、仮に一時的に調整の動きが入っても上値は重く、戻り売り優勢の流れということができそうです。

関連記事