ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。
現状の動きはバンドの上限をブレイクしてのバンドウォークとなっています。バンドの下限も下落基調を維持しており、さらにバンドウォークから上値を拡大する可能性が高まっています。バンドの下限の動きに注意しながらの展開ではありますが、安易な戻り売りは危険な状況となっています。
RCIで見ると、短期線は高値圏での横ばいです。これがこの水準を維持することができるかがポイントとなりそうです。一方、中期線は天井打ち気配が見えていましたが、目先は高値圏での横ばいです。中長期的にも買い優勢の流れであり、底堅い動きが展開されている状況です。短期線が天井打ちから下落となっても、調整の動きは一時的なものとなりそうで、押し目買い優勢の展開です。短期線が高値圏での横ばいとなれば、バンドウォークの継続が意識され、さらに上値を拡大しそうです。

関連記事