ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。
現状の動きはバンドの上限をブレイクし、そこからバンドウォークとなっています。目先はやや上値の重さが意識されていますが、依然として上限を意識しての動きが展開されています。ただ、バンドの下限が下落基調からじり高へと転じており、バンドの上下限中心線が上昇する流れです。トレンドは上向きながらも一時的には調整の動きが強まってもおかしくはないでしょう。
RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での動きです。まだ上昇基調を維持していますが、上値余地は限られています。上昇の勢いはそこまで強くなく、あっさり天井打ちとなるかは不透明です。一方、中期線は上昇基調で高値圏に入っています。これがすぐに天井打ちとなる可能性は低く、中長期的には買い優勢の流れが継続しそうです。短期線の動き次第ですが、仮に一時的な調整の動きが入っても底堅い動きから持ち直すといった動きになるのではないでしょうか。

関連記事