ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。
現状の動きはバンドの上限から下落し、一時中心線で支えられましたが、目先は中心線をブレイクし、一気に下限まで下落しています。下限では支えられていますが、上値の重さが意識されやすい状況となっています。バンドの上下限中心線はほぼ横ばいであり、バンド幅は比較的狭い状況です。バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要ですが、目先はレンジ圏での動きが意識されそうです。
RCIで見ると、短期線は下落して下値圏を意識しての動きです。これが下値圏での動きを維持するか、底打ちから持ち直すかで流れが変わってきそうです。一方、中期線は天井打ちから下落しての動きです。中長期的には上値の重い展開が意識されそうで、一時的に戻る動きがあっても上値は抑えられそうです。

関連記事