ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。
現状の動きはバンドの下限から持ち直し、中心線まで上昇する動きとなっています。バンドの上下限中心線は下落基調でしたが、下限の下落の勢いは弱まっています。レンジ圏での動きが意識されそうな状況で、目先はバンドの上下限で挟まれた連での動きとなっていくのではないでしょうか。
RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での動き。中期線は下値圏での動きです。中期線は底打ち気配があり、このまま上昇基調を維持できれば中長期的には底堅い動きが意識されるでしょう。短期線の天井打ちのタイミング次第ではありますが、基本的には買い優勢の展開が意識されそうです。

関連記事