ユーロドル30分足

ユーロドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。
現状の動きはバンドの中心線で支えられて再度上限まで上昇しての動きです。バンドの下限が上昇からじり安へと変化しており、バンド幅の拡大が意識されつつあります。このまま拡大基調を強めたらバンドウォークが展開されそうで、そうなれば一気に上値を拡大する展開となるので注意が必要です。バンドの下限の動きを睨みながら方向感を探る状況となっています。
RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇となっています。高値圏に入っており、この水準を維持できるかどうかがポイントです。上昇の勢いが強いのであっさり天井打ちといった動きになる可能性もあるでしょう。一方、中期線は高値圏での横ばいです。中長期的にはしっかりとした動きが展開されそうで、仮に一時的に調整の動きが入っても押し目買い優勢の流れでしょう。短期線の動き次第ですが、基本的には買いの流れが展開されるでしょう。

関連記事