ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。
現状の動きはバンドの下限から持ち直しての動きで、中心線を意識しての動きが展開されています。バンドの上下限中心線はやや上値の重さが意識されているもののほぼ横ばいであり、基本的には方向感の見えにくい状況ということができるでしょう。レンジ圏での動きが意識されそうで、大きな動きには目先なりにくいでしょう。ただ、バンド幅は比較的狭い状況ですので、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要でしょう。
RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落基調です。そろそろ下値圏に入りそうで、短期的な流れは悪い状況です。これが底打ちすることができるかどうかがポイントになりそうです。一方、中期線は下落して下値圏での横ばいです。中長期的には上値の重さが意識されやすく、戻り売り優勢の流れです。となると、バンドの中心線で抑えられて下落といった動きになる可能性が高いのではないでしょうか。

関連記事