ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。
現状の動きはバンドの上限からじり安基調が継続し、目先は下限を意識しての動きです。狭いレンジでの動きが続き、バンド幅も縮小傾向が継続しています。バンド幅は狭く、市場にはエネルギーが蓄積されてきています。バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要でしょう。目先は下限を意識しているだけに、下値拡大の動きとなる可能性がありそうです。
RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇していましたが、中立水準に届く前に腰折れしています。再度下値圏を目指す動きで、短期的な流れは悪いでしょう。一方中期線は天井打ちから下落し、高値圏から外れてきています。中長期的な基調が悪化してきており、戻り売り優勢の展開です。短期線が下落を継続するのであれば、バンドブレイクからバンドウォークの動きが意識され、売り圧力が強まるでしょう。

関連記事