ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。
現状の動きはバンドの上限まで上昇したものの、そこから調整の動きが入っています。中心線まで下落しており、レンジ圏での動きが意識されている状況です。バンドの上下限中心線は横ばいでの動きで、大きな動きにはなりにくいところです。バンド幅は比較的狭い状況であり、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要といったところでしょう。
RCIで見ると、短期線は高値圏での動きです。ただ、天井打ちから下落してきており、このまま下落の流れが続くのかどうかがポイントとなりそうです。一方、中期線は底打ちからの上昇となっています。中長期的には底堅い動きが意識されそうで、一時的に調整の動きが強まっても、押し目買い優勢の流れとなりそうです。

関連記事