<自動売買セレクト>ETF新銘柄でロジック追加!

11月6日(土)トライオートETFの取り扱い銘柄追加に伴い、ETFの自動売買セレクトにロジックを追加いたしました。
本記事では新たに追加されるロジックについて解説をいたします。

今回追加されるロジックの一覧となります。

1.S&P500 恐怖指数連動 ETN【恐怖指数ETN】

「SPDR ®S&P 500® ETF(SPY)」や「パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1(QQQ)」などの株価指数連動型のETFと逆相関になりやすい「S&P500 恐怖指数連動 ETN(VXX)」は、先述の2銘柄のヘッジ目的として運用することが最適と考え、ハイブリッドロジックを用いた自動売買セレクトを追加させていただきました。
VXXの解説記事はこちら

1-1.ハイブリッド

ハイブリッドロジックとは複数の銘柄を組み合わせたロジックのことで、1つの銘柄の値動きに左右されることなく、安定して収益を狙えるような分散投資を目的としたロジックとなっています。
ハイブリッドロジックの説明はこちら

今回追加される自動売買セレクトはSPYやQQQなどの株価連動型ETFに対して、ヘッジ目的として「S&P500 恐怖指数連動 ETN(恐怖指数ETN)」を用いたセレクトを組み合わせたものとなっております。

【恐怖指数ETN_カウンター_設定値】

【追加されたセレクト】
◎ハイブリッド_ナスダック100_恐怖指数
◎ハイブリッド_S&P500_恐怖指数

2.ARK イノベーション ETF【破壊的イノベーション】

「ARK イノベーション ETF(ARKK)」はコロナ相場においても大きな成果を上げたアクティブ運用型のETFです。
ARKKの解説記事はこちら

運用においては上昇していく価格に合わせて買い上がっていくようなロジックが最適であると考えスリーカードロジックを用いた自動売買セレクトをご用意しました。一方で、構成銘柄からも分かるように、上がるときはとことん上がり、下がるときはとことん下がるといった特徴も見て取れます。このような特徴を踏まえて、カウンターロジックを用いた自動売買セレクトもご用意しました。なお、ARKKは直近のシミュレーションにおいて実現損益が一切積みあげられていない状態が見て取れますが、実際の運用開始時には前日終値をベースとしたエントリー価格が適用されるため、その限りではないことにご留意ください。

2-1.スリーカード

スリーカードロジックは上昇相場を得意とするロジックとなっています。一つのエントリー価格に対して、異なる3つのフォロー値とカウンター値を設定することで、細かく利益を積み上げていくのが狙いとなっています。今後ARKKが上昇相場になると判断される場合は、このロジックを用いることで利益を狙うことができます。
スリーカードロジックの説明はこちら

【破壊的イノベーション_スリーカード_設定値】

2-2.カウンター

カウンターロジックは相場下落後での取引にこだわったロジックとなります。先述の通り、ARKKは構成銘柄の特徴も相まって、上がるときは上がる一方で、下がるときはとことん下がることが予想されます。ARKKが右肩上がりに上がっていくイメージがつかない場合は、スリーカードロジックではなく、カウンターロジックを用いるのも良いと考えます。
カウンターロジックの説明はこちら

【破壊的イノベーション_カウンター_設定値】

3.iシェアーズ シルバー トラスト【シルバー】

「iシェアーズ シルバー トラスト(SLV)」は、FXで言うところの豪ドル/NZドルのようにレンジ相場を形成することが多い銘柄となっております。そのような特徴からレンジ相場で運用するのに最適だと考えられるコアレンジャーロジックで作成した自動売買セレクトを追加しました。一方で、コロナ相場後に値を上げたことから、どこかで値を下げると考える方に向けてカウンターロジックをご用意しております。また、金同様に分散投資先として投資されることも多いことから、ハイブリッドロジックを用いた自動売買セレクトも追加いたしました。

3-1.コアレンジャー

コアレンジャーは、レンジを形成しやすい銘柄において収益を狙っていくことに適したロジックになります。SLVにおいては、直近のレンジに対して両建てで、こまめに利益を狙っていく「コアレンジ」を設定しています。また、コアレンジの上下に売り(買い)のみのレンジを設定しており、$10.4~$35.1の広いレンジで収益が狙えるように設定しております。
コアレンジャーロジックの説明はこちら

【シルバー_コアレンジャー_設定値】

3-2.カウンター

現在SLVはコロナ相場後に大きく値を上げており、今後何かを契機にコロナ相場前の価格まで値を下げる可能性も考えられます。カウンターロジックは相場下落後での取引にこだわったロジックとなるため、値を下げたところからでも利益を狙いたい方におすすめのロジックです。
カウンターロジックの説明はこちら

【シルバー_カウンター_設定値】

3-3.ハイブリッド

ハイブリッドロジックとは複数の銘柄を組み合わせたロジックのことで、1つの銘柄の値動きに左右されることなく、安定して収益を狙えるような分散投資を目的としたロジックとなっています。
ハイブリッドロジックの説明はこちら

今回追加される自動売買セレクトはSPYやQQQなどの株価指数連動ETFに関するセレクトに対して、コモディティ連動ETFである「 iシェアーズ シルバー トラスト(シルバー)」を組み合わせ、投資対象の資産を分散することで安定した収益を狙っていくことが目的となっております。
なお、ハイブリッドロジックに用いるSLVのロジックは、上記でご説明した「シルバー_コアレンジャー」と設定値が同じものとなります。

【追加されたセレクト】
◎ハイブリッド_ナスダック100_シルバー
◎ハイブリッド_S&P500_シルバー