Policy
ポリシー
ポリシー
お客様本位の業務運営に係る方針

■ お客様本位の業務運営を実現するための基本方針~デリバティブとテクノロジーで、資産運用の未来をつくる。~

インヴァスト証券株式会社(以下、「当社」といいます。)は、「デリバティブとテクノロジーで、資産運用の未来をつくる」をミッションに掲げ、お客様の資産運用の未来のためにデリバティブとテクノロジーをご提供しております。
当社は、高い資金効率で、為替や株式、暗号資産など世界のあらゆる金融商品を容易に取引できるというデリバティブの特性と、知識・情報・時間の垣根をなくし高いリターンの追求と高度なリスク管理を可能にするテクノロジーの力で、お客様にかかる資産運用の常識を変えたいと考えております。
当社は、お客様本位に基づき、これからも当社のサービスが資産運用にあたりまえに利用される世の中をつくり、今後もお客様のご要望にお応えすべくここに「お客様本位の業務運営に係る方針」を策定しております。

■ お客様の最善の利益の追求

当社は、お客様の最善の利益を追求するため、当社のミッションを実現するために、情熱、挑戦、責任、高い品質、お客様第一という五つのバリューを定めました。
これは、全役職員で共有する価値観であり行動指針となっております。
当社は、お客様に対して誠実に行動し信頼される存在であり続け、お客様の挑戦に寄り添い成功のために徹底的に考え抜き、お客様の最善の利益を図る業務運営の提供に努めております。

※「ミッション・バリュー」についてはこちらをご覧ください。

■ 利益相反の適切な管理

当社の主たる事業である店頭FX(以下、本文において「店頭FX」といいます。) やETFなどの店頭CFD取引(差金決済取引)は、相対取引であるため、その性質上、お客様との利益相反が発生するリスクがあります。当社は、「利益相反管理方針」を策定して利益相反の恐れのある取引等を適切に管理することにより、当社の利益を優先することでお客様の利益が損なわれることを防止しております。

※「利益相反管理方針」についてはこちらをご覧ください。

■ 手数料の明確化

当社は、くりっく365(以下、本文において「取引所FX」といいます。)のように取引ごとに一定の手数料を頂いている事業と、店頭FXやETFなどの店頭CFD(差金決済取引)のように、お客様に直接ご負担いただく費用はないものの、通貨ペアの売値と買値の差額の一部が、当社の収益源となっている事業があります。手数料を頂く事業に関しましては、取引約款、取引説明書、当社HPなどに手数料を明示し、また、店頭FXのような事業におきましては、売値と買値の差額をスプレッドとして取引ツールで表示することで、手数料の明確化を図っております。

当社取り扱いサービスの手数料について
※トライオートFXの手数料についてはこちらをご覧ください。
※トライオートCFDの手数料についてはこちらをご覧ください。
※トライオートETFの手数料についてはこちらをご覧ください。
※マイメイトの手数料についてはこちらをご覧ください。
※くりっく365の手数料についてはこちらをご覧ください。

■ 重要な情報の分かりやすい提供

当社は、当社の提供する金融商品に関する基本的なリスク、リターンおよび取引条件等、お客様の投資判断に当たって重要な情報を提供いたします。加えて、ブログ記事やメールマガジン等を通じて、商品内容やお取引に際しての注意事項などを明確且つ平易な表現でお伝えすることにより、当社の金融商品サービスに対するご理解を深めていただき、誤解を招くことの無いよう、誠実な内容の情報提供に努めます。当社は、店頭FXやETFなどの店頭CFD(差金決済取引)のような利益相反が起こりうるサービスにおいて、その管理方法を開示する事で、適切な管理が行われていることをお客様にご理解いただけるよう努めます。また、当社は、お客様に提供する金融商品サービスの商品内容や取引ルールなどを従業員が理解するための研修や情報共有等を随時実施し、適切な情報提供に努めております。

※INVAST NAVI FXの基礎~為替予想などについてはこちらをご覧ください。
※トライオートブログ トライオートの情報についてはこちらをご覧ください。
※マイメイトブログ マイメイトの情報についてはこちらをご覧ください。
※インヴァストチャンネル(YouTube) インヴァストチャンネルの情報についてはこちらをご覧ください。

■ お客様にふさわしいサービスの提供

当社は、インターネットを通じて、お客様に金融商品サービスを提供しております。当社が提供する金融商品サービスは、店頭FXやETFなどの店頭CFD(差金決済取引)、取引所FXを主体としたリスクのある金融商品サービスであるため、その商品内容やリスクを十分にご理解いただけるお客様のみがお取引いただけるよう、口座開設基準を設けております。これは、当社の提供する金融商品サービスをご理解いただけないままお客様にとってふさわしくない金融商品サービスを提供することの無いように行っております。
また、当社ミッションのとおり、当社は、「デリバティブとテクノロジーで、資産運用の未来をつくる」存在になりなりたいと考えております。このテクノロジーを駆使し、提供している自動売買やAIが取引のタイミングを判断するサービスを進化させ、また、さらに高度なリスク管理も実現できるよう、様々なお客様にふさわしいサービスを提供してまいります。

当社取り扱いサービスについて
※トライオートについてはこちらをご覧ください。
※マイメイトについてはこちらをご覧ください。
※くりっく365についてはこちらをご覧ください。
※勧誘方針についてはこちらをご覧ください。
※口座開設基準についてはこちらをご覧ください。
※社会貢献プログラムについてはこちらをご覧ください。

■ 従業員に対する適切な動機付けの枠組み等

当社は、業務目標の達成度合いに応じた「目標達成度評価」に加え、当社の掲げるミッションを達成するために、全役職員で共有する価値観・行動指針と照らし合わせる「バリュー評価」という2つの評価基準を、人事評価制度において採用しております。
バリュー評価は、「情熱」、「責任」、「挑戦」、「お客様第一」、「高い品質」という5つの項目で構成されており、昇格の際の判断基準としております。
「お客様第一」については、「お客様の挑戦に寄り添い、成功のために徹底的に考え抜く。誠実に行動し、信頼される存在であり続ける。」という観点で評価を行っており、このバリュー評価を通じて、従業員が常に研鑽(その他コンプライアンス研修の実施等)し、お客様の最善の利益を追求するよう、適切な動機付けを行っております。

2017年6月14日制定
2024年4月18日改定
インヴァスト証券株式会社
反社会的勢力への対応に関する基本方針
インヴァスト証券株式会社は、暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は 個人である反社会的勢力による被害を防止するため、次の基本方針を宣言します。
  • ■ 組織としての対応

    反社会的勢力に対しては、組織全体として対応を図るとともに、反社会的勢力に対応する従業員の安全を確保します。

  • ■ 外部専門機関との連携

    平素から、警察、暴力追放運動推進センター、弁護士及び日本証券業協会等の外部の専門機関と緊密な連携関係を構築します。

  • ■ 取引を含めた一切の関係遮断

    反社会的勢力とは、取引関係を含めて、一切の関係を遮断します。また、反社会的勢力による不当要求は拒絶します。

  • ■ 有事における民事と刑事の法的対応

    反社会的勢力による不当要求に対しては、民事と刑事の両面から法的対応を行います。

  • ■ 裏取引や資金提供の禁止

    反社会的勢力に対して、裏取引や資金提供は絶対に行いません。

2010年7月1日
インヴァスト証券株式会社
内部統制システム構築に関する基本方針

■ 取締役の職務執行の法令および定款への適合性を確保するための体制

取締役会は、コンプライアンスについての基本方針を定め、全取締役はコンプライアンスが企業活動の前提であることを確認することとしております。
当社は、コンプライアンス体制の確立のためコンプライアンス・マニュアルを整備し、コンプライアンス委員会を設置しております。
コンプライアンス委員長は内部管理統括責任者とし、コンプライアンス委員会において、 コンプライアンスを実践していくためのコンプライアンス・プログラムを策定し、 その業務執行状況について、取締役会、経営会議、監査役に定期的に報告することとしております。
当社は、全役職員の職務の執行が法令および定款に適合し、 かつ社会的責任を果たすようにコンプライアンス・マニュアルに基づいて誠実に努力致しております。

■ 取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制

取締役会は、重要な意思決定および報告に関する情報を管理するため、 「文書管理規程」に従い、適切な情報の保存および管理を行うこととしております。
取締役および監査役は、常時、これらの文書等を閲覧できるものとし、法令と良識に従い誠実に職務を遂行するよう努めております。

■ 損失の危険の管理に関する規程その他の体制

当社が管理すべきリスクは多様化・高度化しており、その管理に専門性を要することから、 当社はリスクの所在と種類を明確にしたうえで各部署が管理を担当し、 コンプライアンス部長がリスク全般の管理統括を行う体制としております。
当社は、管理すべきリスクについて、リスク管理規程に基づくリスクカテゴリーごとに責任者を定めるとともに、 コンプライアンス部長を委員長とするリスク管理委員会を設置し、 リスクを具体的に分類、評価、検証、管理することで、環境の変化に対応した総合的なリスク管理体制の構築に努めております。
また、リスク管理に関する重要事項の審議決定については、 取締役会がその権限を経営会議に委譲し、報告を受けることにより急激な環境変化等に機動的な対応が可能な体制としております。
なお、内部監査部は、部門ごとのリスク管理の状況を監査し、その結果を代表取締役社長、内部管理統括責任者および監査役に報告することとしております。

■ 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

常勤取締役および執行役員で構成される経営会議を設置し、経営計画、予算、重要事項、 その他経営全般に関する基本方針等について取締役会への付議に先立って協議を行うこととしております。
また、取締役会の決定に基づいて、業務の執行に専念する執行役員を任命し、業務執行の効率化を図ることとしております。

■ 使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制

当社は、コンプライアンスについての基本方針を定め、繰り返しその精神を全従業員に伝えることにより、 コンプライアンスが企業活動の前提であることを徹底させております。
具体的には、コンプライアンス・プログラムに基づき、 社内および外部の研修等による従業員のコンプライアンス教育を徹底しております。
内部監査部は、内部監査によりコンプライアンス上の問題の有無の調査を行っております。 また、当社は、「内部通報制度運用規程」に基づき、社内の不正・違反行為に関する「通報相談窓口」を設置し、 通報内容の調査を行い、適切な措置をとることとしております。

■ 会社および子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

当社は、企業集団を形成しておりません。

■ 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを決めた場合における当該使用人に関する事項ならびに当該使用人の取締役からの独 立性および当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項

監査役は、従業員に対して監査役の職務の補助を行うよう命令できるものとし、 監査役より必要な命令を受けた従業員は、その命令に関しては、監査役以外の者から指揮命令を受けないものとしております。
また、監査役は、監査役の職務の補助に従事した従業員の異動・考課に関する意見を述べることができることとしております。

■ 取締役および使用人が監査役に報告するための体制、その他の監査役への報告に関する体制、監査役に報告した者が当該報告をしたこ とを理由として不当な取扱いを受けないことを確保するための体制

代表取締役および業務執行取締役は、次に該当する事項を監査役に報告しなければならないこととしております。

  1. (1) 重大な法令・定款違反
  2. (2) 会社に著しい損害を及ぼす恐れのある事項
  3. (3) 毎月の経営状況として重要な事項
  4. (4) 内部監査部が実施した監査結果
  5. (5) リスク管理の状況
  6. (6) 内部通報制度に基づき通報された内容
  7. (7) その他コンプライアンス上重要な事項

また、子会社の取締役等および従業員ならびに当社の従業員は、監査役が事業の報告を求めた場合または業務および財産の調査を行う場合は、迅速かつ的確に対応するものとしております。
なお、監査役に報告を行った者が当該報告をしたことを理由として不当な取扱いを受けることがないよう、その旨を周知徹底いたします。

■ 当社の監査役の職務の執行について生ずる費用または債務の処理に係る方針に関する事項

監査役が、その職務の執行について生ずる費用の前払いまたは償還等の請求をしたときは、 当該監査役の職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに当該費用または債務を処理するものといたします。

■ その他監査役の監査が実効的に行われることを確保する体制

監査役は、代表取締役社長、会計監査人とそれぞれ随時に意見交換会を開催することとしております。

■ 財務報告の信頼性と適正性を確保するための体制について

当社は、財務報告の信頼性と適正性を重視し、財務報告の基本方針に基づき、適正な財務情報の開示および透明かつ健全な企業経営を実践してまいります。

■ 反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方とその整備状況

当社は、コンプライアンス基本方針に基づき、反社会的勢力排除に向けた体制を構築し、 市民社会の秩序や安全を脅かす反社会的勢力・団体とは断固として対決するものとし、一切の関係を遮断いたします。

2021年12月13日
インヴァスト証券株式会社
利益相反管理方針

■ 目的

インヴァスト証券株式会社(以下、「当社」といいます。)は、金融商品取引法および金融 商品取引業等に関する内閣府令の規定に従い、 お客様の利益を不当に害するおそれのあ る取引(以下、「利益相反取引」といいます。)を適切な方法により特定・類型化し、お客 様の保護を適正に確保するために利益相反取引を管理する方針を定めましたので、当社の 利益相反管理方針を公表いたします。

■ 利益相反取引の特定・類型化

利益相反取引とは、当社又は当社グループ会社とお客様の利益、 または当社等のお客様相互の利益が相反しお客様の得られる利益を不当に害するおそれのある取引をいいます。 当社は、利益相反取引をあらかじめ次のとおり特定・類型化します。これらの類型は、あくまで利益相反取引の有無の判断基準に過ぎず、 これらに該当するからといって直ちに利益相反取引となるわけではありません。また、必要に応じ、追加又は修正を行います。

お客様と当社等 お客様と当社等の他のお客様
利益対立型 お客様と当社等の利害が対立する取引 お客様と当社等の他のお客様との利益が対立する取引
競合取引型 お客様と当社等が同一の対象に対して競合する取引 お客様と当社等の他のお客様とが競合する取引
情報利用型 当社がお客様との取引を通じて入手した情報を利用して当社等が利益を得る取引 当社がお客様との関係を通じて入手した情報を利用して当社等の他のお客様の利益を得る取引

■ 利益相反取引の管理方法

当社は、利益相反取引を管理するため、以下に掲げる方法その他の方法を選択または組み合わせることにより、お客様の保護を適正に確保いたします。

  1. (1) 対象取引を行う部門とお客様との取引を行う部門を分離する方法
  2. (2) 対象取引またはお客様との取引の条件または方法を変更する方法
  3. (3) 対象取引またはお客様との取引を中止する方法
  4. (4) 対象取引にともない、お客様の利益が不当に害されるおそれがあることについて、お客様に適切に開示する方法
  5. (5) 当社の独立した部署が適切に監視する方法

■ 利益相反管理体制

当社は、利益相反取引の管理を行うにあたり、独立した内部監査部門が、定期的に業務運営体制および取引内容を監査検証いたします。

■ 利益相反管理の対象となる会社の範囲

当社においては、現在、利益相反の対象となるグループ会社はありません。

2022年5月11日
インヴァスト証券株式会社
勧誘方針
インヴァスト証券株式会社(以下、「当社」といいます。)は、「金融サービスの提供及び利用環境の整備等に関する法律」、「金融商品取引法」およびその他関連諸法令・諸規則を遵守し、勧誘方針を以下の通り定め、お客様に対し当社で取扱う金融商品の適正な勧誘を行うように努めます。
  1. (1) 当社は、お客様の知識、投資経験、投資目的および財産の状況など、お客様の意向と実情に適合した勧誘に努めます。
  2. (2) 当社は、お客様ご自身の投資判断と責任においてお取引ができるよう、商品内容、リスク内容および取引に係る費用等の適切な説明に努めます。
  3. (3) 当社は、お客様のご迷惑とならないよう、勧誘を行う場所、時間帯および方法等について、十分配慮いたします。
  4. (4) 当社は、お客様の信頼と期待にお応えし、適切な勧誘が行われるよう、役職員に対して十分な研修を行い、常に知識技能の修得と研さんに努めます。
  5. (5) 当社は、「金融サービスの提供及び利用環境の整備等に関する法律」、「金融商品取引法」およびその他関連諸法令・諸規則等を遵守すべく内部管理を徹底し、勧誘の適正化に努めます。
  6. (6) 当社の勧誘に関し、ご質問、ご意見その他お気づきの点につきましては、0120-659-274にて承ります。

「金融サービスの提供及び利用環境の整備等に関する法律」では、証券会社等がお客様に金融商品をご利用いただく前に同法律で定める重要事項を説明することを規定しています。当社各サービスの重要事項につきましては「取引説明書(契約締結前交付書面)」をご確認ください。

2024年4月18日
インヴァスト証券株式会社
システム障害発生時の対応
当社では、システム障害の発生によりインターネット経由等でのお取引に万一支障をきたした場合には、 次のように対応いたしますので、あらかじめご了承ください。

■ システム障害の定義

システム障害とは、当社のシステムに明らかな不具合(回線の障害やお客様のパソコン等の不具合は含まれません)が発生していると当社が判断し、 かつ、お客様が当社の提供する取引システムでご注文いただけなくなるか、 お客様から受注したご注文の執行が遅延、もしくは不能となった状態をいいます。

■ システム障害のお知らせ

システム障害が確認された場合、お客様がアクセスされる当社のMyページまたはホームページ等にて 「システム障害のお知らせ」等と題するご案内を掲載いたします。
システム障害時においては、なるべくお客様が事態をより正確に把握し、 適切な行動をおとりいただけるよう、できる限り速やかに事実関係や状況、 代替策等をご連絡させていただきます。 障害発生時点、調査中、原因が判明した時点、 復旧見込みが立った時点で、随時お知らせを更新してまいります。

■ システム障害時の約定と訂正

当社が提供するすべてのサービス(以下、「当社のサービス」といいます。)のお取引について、 お客様から受注している注文を調査し、システム障害の影響により以下の事象に該当した場合、 当社の判断において本来約定していた価格にて約定をつける措置、 あるいは本来の価格との差額を調整金の入出金にて調整する措置(以下、「補正」といいます。)を実施させていただきます

  1. (1) 本来の約定時刻に対し遅延して約定した場合
  2. (2) 本来変更または取消されるべき注文が正常に執行されずに約定した場合
  3. (3) 本来付与されるべきスワップポイント、金利相当分、配当相当分および分配金相当分が反映されなかった場合 または本来反映されるべきでないスワップポイント、金利相当分、配当相当分および分配金相当分が反映された場合
  4. (4) 本来反映されるべき入出金が反映されなかった場合または本来反映されるべきではない入出金が反映された場合
  5. (5) 当社のサービスにおいて、自動売買注文または、IFD、もしくはIFO注文の決済注文が、設定どおりに執行されなかった場合
  6. (6) 本来約定すべき指値および逆指値の決済注文が約定しなかった場合
  7. (7) 本来約定すべき価格と異なる価格で約定した場合
  8. (8) (1)~(7)のほか、取引結果および入出金結果がお客様の口座に正常に反映されていないと当社が判断した場合
    • お客様ご自身が入力され、当社が受注した注文が、お客様の入力ミス等により過大な数量や意図せぬ価格であった場合でも、当社ではご注文の取消、補正等を行うことができません。
    • 万一、当社のシステムの瑕疵等により制御機能な不具合があった場合も、お客様の確認を経たものであれば有効な注文として取り扱います。 また、上記(1)~(8)以外のシステム障害事象に伴うケースついて個別に当社が総合的な判断に基づき訂正処理を行うことがあります。ご発注はご自身で十分ご確認のうえ、お願いいたします。

■ 当社からのご連絡

当社での照合・検証後の処理にあたりまして、お客様のご意向を確認するために、 ご連絡を差し上げる場合がありますので、その際はご協力くださいますようお願いいたします。 当社からは以下の方法にてご連絡をさせていただきます。

  • Myページ
  • ご登録メールアドレス
  • 電話(状況にて必要と判断した場合。)

お客様におかれましては、上記連絡内容に記載されている期日までにご意向をお知らせください。 ご連絡のない場合は、当社のルールに基づいて処理を進めさせていただきます。

※システム障害が発生し約定訂正処理等を行う場合、当社は、監督当局、取引所等にその旨を届出ています。

※システム障害発生直後のお問合せには、直ちに訂正結果をご回答できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

■ 受注していない注文等について

当社のサービスのお取引について、以下の事象に該当した場合、 本来約定していた価格にて約定をつける措置あるいは本来の価格との差額を調整金の入出金にて 調整する措置は行いませんのでご了承ください

  1. (1) 以下の①から③の場合において、注文の受注記録が存在しない場合。
    ① 本来約定すべき注文が執行されなかった場合
    ② 本来変更または取り消されるべき注文が執行されずに約定した場合
    ③ ①②の注文が受注されなかったことにより本来付与されるべきスワップポイントや金利相当分、 配当相当分が不当に反映されたまたは反映されなかった場合
  2. (2) トライオートFX、トライオートCFDおよびトライオートETFにおいて、 自動売買注文およびマニュアル注文が、システム障害等の影響により、設定通り新規注文が執行されず、 受注記録も存在しない場合。
  3. (3) インターネット回線の障害や取引所障害等の当社の責めに帰さない事由の場合
  4. (4) マイメイトにおいて、売買サインに基づいた注文が執行されなかった場合、 新規注文は失効し、決済注文は再発注されます。 また再発注を行った結果、約定しない場合もあり、その場合、決済注文は失効します。自動売買注文が失効した場合、お客様ご自身で決済していただく必要がございます。その際、本来執行されていた価格との差額の調整は行いません。

■ 「示談」等での解決

  • 証券会社には、法律で定められている方法以外による損失の補填は認められておりません。
  • 「示談」あるいはそれに類似するようなお申し出に対しては応じられません。
2024年4月22日
インヴァスト証券株式会社
個人情報保護宣言(プライバシー・ポリシー)
当社は、お客様の個人情報および個人番号に対する取組み方針として、次のとおり、個人情報保護宣言を策定し、公表いたします。

■ 関係法令等の遵守

当社は、個人情報の保護に関する法律および関係諸法令、ガイドラインならびにこの個人情報保護宣言を遵守いたします。

■ 利用目的

当社は、お客様の同意を得た場合および法令等により例外として取り扱われる場合を除き、 利用目的の達成に必要な範囲内でお客様の個人情報を取り扱います。個人番号については、 法令で定められた範囲内でのみ取り扱います。

■ 安全管理措置

当社は、お客様の個人情報および個人番号を正確かつ最新の内容となるよう努めます。 また、お客様の個人情報および個人番号の漏えい等を防止するため、必要かつ適切な安全管理措置を実施するとともに、 役職員および委託先の適切な監督を行って参ります。

■ 継続的改善

当社は、お客様の個人情報および個人番号の適正な取り扱いを図るため、 個人情報保護に関する内部管理体制を随時見直すとともに、 役職員に対し、定期的に個人情報等の取扱いについて研修を実施し、継続的な改善に努めて参ります。

■ 開示等のご請求手続き

当社は、お客様に係る保有個人データに関して、お客様から開示、訂正、利用停止等のお申し出があった場合には、 ご本人様であることを確認させていただき、適切かつ迅速な回答に努めて参ります。 なお、個人番号の照会についてお申し出があった場合には、個人番号の登録の有無についてのみご回答いたします。

■ ご質問・ご意見・苦情等

当社は、お客様からいただいた個人情報および個人番号に係るご質問・ご意見・苦情等に 対し迅速かつ誠実な対応に努めて参ります。ご質問・ご意見・苦情等は、当社の下記窓口までお申し出ください。

インヴァスト証券株式会社

〒103-0004 東京都中央区東日本橋1-5-6
電話番号:0120-659-274

■ 認定個人情報保護団体

当社は、金融庁の認定を受けた認定個人情報保護団体である下記協会の協会員です。 各協会の個人情報相談室では、協会員の個人情報の取扱いについての苦情・相談をお受けしております。

日本証券業協会 証券あっせん・相談センター

電話(0120-64-5005)http://www.jsda.or.jp/

日本証券業協会 個人情報相談室

電話(03-6665-6784)http://www.jsda.or.jp/

一般社団法人金融先物取引業協会 苦情相談窓口・個人情報苦情相談室

電話(03-5280-0881)http://www.ffaj.or.jp/

一般社団法人日本投資顧問業協会 苦情相談室(個人情報担当)

電話(03-3663-0505)http://www.jiaa.or.jp/

2021年9月24日
インヴァスト証券株式会社
個人情報および個人番号の利用目的

■ 個人情報および個人番号のお取扱いについて

インヴァスト証券株式会社(以下「当社」といいます)でお預かりしたお客様の個人情報および個人番号は、 お客様の大切なプライバシー情報であり、当社は、個人情報の保護および特定個人情報の保護に関する法律を遵守し、 当社が定めた個人情報保護宣言(プライバシー・ポリシー)に従って、関係部門と共同し当社社員全員で適切に利用、管理、保護をしてまいります。

■ 個人情報の利用目的

当社は、お客様の個人情報について、次に掲げる目的で利用いたします。

  • 当社または提携会社の取扱商品の勧誘、販売およびサービスのご案内
  • 当社取扱商品のお申込やご利用に際してのご契約内容の確認、本人確認および審査
  • 当社取扱商品のお取引に係る受託、資金移動、報告書類の発行およびこれらに付随する業務
  • 当社が行う各種イベント、キャンペーンおよびセミナーのご案内ならびに各種情報の提供
  • 商品やサービスの改善、新たな商品やサービスの開発
  • お問合せやご相談の対応、苦情または紛争の解決
  • 市場調査、データ分析、アンケート等によるサービスの研究
  • その他、お客様の取引を適切かつ円滑に履行するため

■ 第三者へ提供の制限

当社は、以下の場合を除き、お客様の個人データを第三者に提供いたしません。

  • お客様の事前の同意、承認を得ている場合
  • 当社と個人情報保護に関する契約を締結した業務委託先
  • その他の法令により法的義務を伴う要請を受けた場合

なお、お客様の個人データを第三者に提供する場合は、個人情報保護の安全管理措置を講じたうえで提供いたします。

■ 機微(センシティブ)情報の取扱い

金融商品取引業等に関する内閣府令に基づき、人種、信条、門地、本籍地、 保健医療または犯罪経歴についての情報その他業務上知り得た公表されていない特別の情報を、 適切な業務の運営の確保その他必要と認められる目的以外の目的のために利用いたしません。

■ 正確性の確保

お客様の個人情報は、個人情報の利用目的の達成に必要な範囲内において、正確かつ最新の内容に保つよう努めます。

■ 個人番号の利用目的

上記個人情報の利用目的に関わらず、個人番号は、先物取引に関する法定書類作成・提供事務およびその他税法に規定する法定書類作成・提供事務に限り利用いたします。

■ 個人情報および個人番号の主な取得元および外部委託している主な業務について

個人情報および個人番号の主な取得元

当社が取得する個人情報および個人番号の主な取得元には以下のようなものがあります。

  • 口座開設申込書や実施するアンケート等に、お客様に直接、記入していただいた情報(個人番号の取得については、口座開設申込書のみ)
  • 会社四季報、役員四季報など市販の書籍に記載された情報や、新聞やインターネットで公表された
  • 商品やサービスの提供を通じて、お客様から取得した情報(※当社サポートセンターへのお客様からの電話通話につきましては、 お客様対応の正確さとサービス向上を目的として、通話録音を行っております。)

外部委託をしている主な業務

当社は業務の一部を外部委託しております。 また、当社が個人情報および個人番号を外部委託先に取り扱わせている業務には以下のようなものがあります。

  • お客様にお送りするための書面の印刷もしくは発送業務
  • 法律上や会計上等の専門的な助言等を提供する業務
  • 情報システムの運用・保守に関する業務
  • 業務に関する帳簿書類を保管する業務

■ 個人情報の共同利用

当社は、インヴァストグループ各社との間で以下のとおり、お客様の個人情報を共同で利用する場合があります。

共同利用の目的

  • お客様のサービスの利便性の向上
  • 当社サービスの健全な運営
  • インヴァストグループのコンプライアンス、リスク管理、内部監査

共同利用対象のデータ

氏名、住所、生年月日、電話番号、メールアドレス、所属機関、口座番号、取引履歴等

個人情報管理者の名称

インヴァスト証券株式会社

■ 個人情報および個人番号に関するお問合せ

当社の個人情報および個人番号の取扱いに関する内容、個人情報の照会、 個人情報および個人番号の訂正、利用の停止または削除をご希望される場合は、 下記お問合せ窓口までご連絡ください。ご本人であることを確認させていただいたうえで、 特別な理由のない限り速やかに対応いたします。また、個人番号の照会については、個人番号の登録の有無のみご回答いたします。

■ 個人情報および個人番号の取扱いに関するお問合せ窓口

〒103-0004 東京都中央区東日本橋1-5-6
インヴァスト証券株式会社 サポートセンター
TEL 0120-659-274

2021年9月24日
インヴァスト証券株式会社
サイトポリシー

■ はじめに

インヴァスト証券ウェブサイト(以下、「当サイト」といいます。)は、 インヴァスト証券株式会社(以下、「当社」といいます。)が、運営・管理しています。
当サイトをご利用される場合には、あらかじめ下記の事項をご了承の上、ご利用ください。

■ ブラウザについて

当サイトをご利用される場合は、Microsoft Edge、GoogleChrome、Safariをお勧めいたします。 なお、一部コンテンツにつきましては、上記以外のブラウザでは正常に表示されない、またはご覧いただけない可能性があります。

■ Cookie(クッキー)について

当サイトでは、お客様への適切な情報の提供を目的として、 「Cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を利用しています。 この機能を利用するためには、Cookieを受け入れる設定を有効にする必要がありますが、 ブラウザの設定および管理は、お客様の責任において行っていただくものとします。

■ プラグインについて

PDFファイルを閲覧等する場合には「Adobe Acrobat Reader」、 動画を視聴する場合には、「Windows Media Player」などが必要となります。

■ JavaScriptについて

当サイトでは、お客様がより便利にご利用いただけるよう、一部のコンテンツにおいてJavaScriptという技術を使用しています。 ご使用のブラウザの設定において、JavaScriptを無効にされている場合には、 正しく表示されない、またはご利用いただけない場合がありますので、ご了承ください。

■ 知的財産権について

当サイトに掲載されている内容(情報、デザイン、商標、その他知的財産)は、 当社および当社が許諾を受けている権利者に帰属します。 私的使用その他法律により明示的に認められる範囲を超えて、 掲載内容を当社の許諾なしに、使用・複製等することを禁じております。

■ 他社サイトへのリンクについて

当サイトには、他社の運営するサイトへのリンクが含まれております。 万一、他社サイトをご利用になったことにより生じたいかなるトラブル、損失および損害について、 当社は責任を負わないものとします。 また、リンク先の他社サイトは、当社の運営によるものではなく、 予告なくアドレスが変更もしくは移動する恐れがありますのでご注意ください。

■ リンクポリシー

インヴァスト証券ウェブサイト((以下、「当サイト」といいます。)へのリンクについては 、原則として自由ですが、企業および個人を問わず、下記事項をお読みいただき、 ご了解いただいたうえでご利用ください。なお、当サイトへのリンクにあたっては、 リンクポリシーに同意されたものとみなされます。

対象

本リンクポリシーは当サイトへのリンクを設置することを目的としたすべてのウェブサイトを対象とします。 ここでいう当サイトとは以下のドメインに所属するすべてのファイルおよびページを指します。
「http://www.invast.jp/」、「https://mypage.invast.jp/」

リンク先として設定するURL

リンクは原則として当サイトトップページ( https://www.invast.jp/)、 各サービストップページ(https://www.invast.jp/triauto/、https://www.invast.jp/maimate/等)、 に設定し、 上記以外へのページへのリンクは原則禁止するものとします。 リンク先の内容やURLは変更・削除することがあることをあらかじめご了承ください。

リンクを設置する際の条件

以下のリンク、またはそのおそれのあるリンクは禁止します。

  • 公序良俗に反するサイト等、当社の信用、品位を損なうサイトからのリンク
  • フレームリンク等、当社サイトの明確性が損なわれる形のリンク
  • 当社と何らかの提携または協力関係にあるものと誤認を生じさせ、または当社がリンク元のサイトを認知もしくは支持しているとの誤認を生じさせるリンク
  • 当社の有する権利を侵害、もしくは当社の業務を妨害するようなリンク
  • 当社またはその関係会社、それらの役員または社員を誹謗中傷するサイトからのリンク
  • その他当社が不適切と判断するリンク

サイトポリシーまたはその他法令に違反している場合は、当社の判断により削除を要請します。 削除要請があった際は即座に当該リンクを削除してください。
また、リンクによってトラブルが発生した場合には、リンクされた方ご自身の責任で対応してください。 当社が損害を被った場合は損害賠償を請求することがあります。

■ ソーシャルメディアポリシー

インヴァスト証券の従業員は、ソーシャルメディアを利用するにあたり、法令やインヴァスト証券が定めた社内規程を厳格に順守し、 良識ある社会人として、健全な社会常識から逸脱した言動がないよう常に自らを律し 、『インテグリティ』な姿勢で情報発信や対応に臨みます。
インヴァスト証券のソーシャルメディア公式アカウント運営において遵守すべき姿勢・行動につき、以下のとおり定めます

ソーシャルメディアの定義

ソーシャルメディアとは、ブログ、ツイッター、フェイスブック等に代表される、 インターネットを利用して個人の発信をもとに、不特定多数の利用者がコミュニケーションを行うことが可能なメディアをいいます。

本ポリシーの目的

インヴァスト証券の従業員は、ソーシャルメディアを利用するにあたり、 法令やインヴァスト証券が定めた社内規程を厳格に順守し、良識ある社会人として、 健全な社会常識から逸脱した言動がないよう常に自らを律し、『インテグリティ』な姿勢で情報発信や対応に臨みます。

ソーシャルメディア参加にあたっての心構え

発信された情報は、不特定多数の利用者がアクセスでき、一度発信した情報は、完全に削除することができないことを理解します。 個人の発信が当社の評価となり得ることを理解し、感情的・好戦的な態度を取らず、 相手の発言を傾聴する姿勢を持ち、責任ある行動を常に意識します。
守秘義務に従い、機密情報その他社外秘情報を発信しません。
個人情報や第三者のプライバシーに関する内容を発信しません。
著作権その他知的財産権の侵害、誹謗中傷による第三者の名誉、 信用その他権利を侵害する行為を行いません。第三者の発信内容・記事等を引用する場合は、 その出所および引用部分がわかるように明示します。
次に掲げる情報は発信および投稿しません。
人種、思想、信条等に対する差別や差別を助長させる情報
単なる噂や噂を助長させる情報
違法行為や違法行為を助長させる情報
その他公序良俗に反する情報

ソーシャルメディアご利用のみなさまへ

公式アカウントを運営する当社従業員がソーシャルメディアにおいて発信する情報は、 必ずしも当社の公式発表・見解をあらわすものではありません。公式な発表・見解の発信は、 当社ウェブサイトおよびプレスリリースなどで行っています。 アカウントにより、対話の仕方(返答可否・対応時間・手段)が異なりますので、 それぞれの運用については、ソーシャルメディア公式アカウント一覧をご覧ください。

ソーシャルメディアポリシーに関するお問い合わせはこちら

〒103-0004 東京都中央区東日本橋1-5-6
インヴァスト証券株式会社
TEL 0120-659-274

■ 免責について

  • 当サイトに掲載されている内容については、その完全性、正確性、最新性および有用性などを保証するものではありません。
  • 当サイトには、当社のご案内のほか、投資一般等に関する情報の提供を目的として、レポート等を掲載しております。 これらのレポート等は、情報の提供を目的とするものであり、何らかの行動を勧誘するものではありません 。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断と責任においてなさいますようお願いいたします。 また、掲載内容に基づいてお客様が下した判断および掲載内容に誤りがあった場合に生じたいかなるトラブル、 損失および損害についても、当社は責任を負わないものとします。
  • 当サイトは、予告なしに掲載内容を変更または廃止することがありますが、 その場合に生じたいかなるトラブル、損失および損害についても、当社は責任を負わないものとします。
  • 当サイトが、地震、火災等の自然災害、ウイルスおよび第三者の妨害行為などの不可抗力によって、 ご利用できなかった場合に生じたいかなるトラブル、損失および損害についても、当社は責任を負わないものとします。

■ 準拠法および管轄裁判所について

当サイトならびにサイトポリシーの解釈および適用に関する準拠法は、 日本の法律に従い解釈されることとします。 当サイトに関わる全ての紛争については、 当社本店所在地を管轄する地方裁判所または簡易裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

2012年9月28日
インヴァスト証券株式会社
セキュリティポリシー
インヴァスト証券株式会社(以下、当社)は、当社サイト上における資料請求・お問合せなど、 個人情報の入力を必要とする入力フォームについて、SSLと呼ばれる暗号化技術を用いて通信を行っております。
これによりお客様がWebブラウザを用いて送信された情報が、 インターネット上の第三者に傍受・改ざんされる可能性はきわめて低くなる為、安心してご利用いただくことができます。
なお、ご入力・送信頂いた個人情報の取り扱いについては、別掲のプライバシーポリシーに基づいて管理を行いますので、 詳細についてはそちらをご覧頂くようにお願い致します。
また、当社はお客様が当社サイトへのアクセスをした際のページの閲覧状況、検索サイトからの検索言語、 ホスト情報などをアクセスログとして収集しておりますが、このアクセスログについては統計的な情報としてのみの利用としております。
上記方針の内容については継続的に見直し、改善していきます。従って予告なくこの方針が変更されることがありますことを予めご了承下さい。
2007年10月1日
インヴァスト証券株式会社
特定投資家制度

■ 特定投資家について

投資家は、金融商品取引法にて、知識・経験・財産の状況から金融取引にかかる適切なリスク管理をおこなうことが出来ると考えられる 「特定投資家」と、それ以外の「一般投資家」の2つに区分されています。
「一般投資家」に対しては投資家保護を目的にルールを強化した一方、「特定投資家」に対しては規制の一部柔軟化が実施されており 、当社がFXやCFDの勧誘、販売等を行う場合に当社に遵守が義務付けられている行為規制の一部(契約締結前書面交付、 契約締結時書面交付、再勧誘の禁止、不招請勧誘の禁止、適合性の原則 など)について、 適用を除外することができるようになっています。
なお、「特定投資家」でも、「一般投資家に移行できる特定投資家」と「特定投資家に移行できる一般投資家」が設けられており、 一定要件を満たす投資家には選択できるようになっています。
当社では、法人のお客様には、口座開設時の書面にて「特定投資家」の申請をするか否かの確認を行っております。

※ 当社においては、投資家保護の観点上、 金商法等に定められた行為規制を除外することなく、「特定投資家」に該当するお客様につきましても 「一般投資家」のお客様と同じ対応をさせていただいております。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

■ 特定投資家と一般投資家の区分

特定投資家 「一般投資家」への移行ができます 特殊法人、独立行政法人
投資者保護基金預金
保険機構等:預金保険機構、農水産業協同組合貯金保険機構、保険契約者保護機構 等
特定目的会社
上場会社
資本金5億円以上の株式会社
金融商品取引業者、特例業務届出者である法人 等
外国法人
「一般投資家」への移行はできません
日本銀行
適格機関投資家 : 金融庁長官に届出を行い登録された法人/個人
一般投資家 「特定投資家」への移行ができます 特定投資家に該当しない法人

下記一定の条件を満たす個人(取引の状況等から合理的に判断することになります)
1.純資産3億円以上
2.投資性のある金融資産3億円以上
3.取引開始後1年以上経過
であること

特定の知識経験を有する者※で、下記一定の条件を満たす個人(取引の状況等から合理的に判断することになります)
1.純資産1億円以上
2.投資性のある金融資産1億円以上
3.前年の収入が1千万円以上
4.取引開始後1年以上経過
であること

※「特定の知識経験を有する者」は、次のいずれかに該当する者
(ア)金融業に係る業務に従事した期間が通算して1年以上の者
(イ)経済学又は経営学の教員職・研究職にあった期間が通算して1年以上の者
(ウ)証券アナリスト、証券外務員(1種・2種)、1級・2級ファイナンシャル・プランニング技能士又は 中小企業診断士のいずれかに該当し、その実務に従事した期間が通算して1年以上の者
(エ)経営コンサルタント業に係る業務に従事した期間が通算して1年以上の者その他の者であって、 (ア)~(ウ)の者と同等以上の知識及び経験を有するもの

「特定投資家」への移行はできません 上記に該当しない個人

■ 特定投資家から一般投資家、一般投資家から特定投資家への移行について

特定投資家から一般投資家へ移行、の場合

「特定投資家」のお客様で「一般投資家」への移行を希望されるお客様は、当社サポートセンターまでご連絡ください。
所定のお手続きについて案内差し上げます。
なお、「特定投資家」から「一般投資家」に移行された場合、お客様から再度「特定投資家」へのお申し出がない限り、 当社では「一般投資家」として区分させていただきます。 「一般投資家」に移行されたお客様が「特定投資家」へ再度区分変更を希望される場合には、当社サポートセンターまでご連絡ください。

一般投資家から特定投資家へ移行、の場合

一定の条件を満たし、当社審査にて特定投資家への移行が可能、と認められる場合は、 「一般投資家」のお客様が「特定投資家」への移行ができます。 「特定投資家」への移行を希望されるお客様は、当社サポートセンターまでご連絡ください。
所定のお手続きについて案内差しあげます。当社所定の書面ご提出後に当社でのお口座状況について確認させていただきます。
※当社での審査結果、ご希望に添いかねる場合もございます。予めご了承くださいませ。
「一般投資家から特定投資家に移行」された場合、原則として、当社が移行を承諾した日から次の9月末日を期限として 「特定投資家」として区分させていただきます。なお、期限日前であっても、 お客様が「一般投資家」へ再度移行を希望される場合には、当社サポートセンターまでご連絡ください。 期限日関係なく「一般投資家」に区分変更させていただきます。