HOME >トライオートETF>取引ルール>手数料・スプレッドなどの費用

取引ルール

手数料・スプレッドなどの費用

売買手数料

0円
※2017年2月4日より売買手数料を完全無料化いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

入出金手数料

お客様からご入金いただく際の手数料は、お客様のご負担になります。 入金の際の手数料は、ご利用の金融機関や入金金額等により異なります。
※即時入金サービスをご利用の場合、振込み手数料は無料となります。 当社からお客様の口座への出金の際の手数料は、当社が負担いたします。

スプレッドについて (売値と買値の差)

トライオートETFのレートは、東京証券取引所および米電子取引所BATSの価格を基に、お客様に提供しております。
スプレッドは株価の変動および市場の流動性の変化等に応じて変動いたします。
実際の提示レートおよびスプレッドにつきましてはお取引画面よりご確認いただきますようお願いいたします。

金利調整額について

午前5時55分(米国サマータイム期間午前4時55分)を超えて建玉を保有している場合、金利調整額の支払いが発生します。売り建玉の金利調整額は、貸株料調整額も含んだ金額となります。

  • 買い建玉= - ( 前週木曜日の終値 * 保有口数 * (Libor + 0.9%) * 付与日数/365※1 )
  • 売り建玉= 前週木曜日の終値 * 保有口数 * ( (Libor - 0.9%) - (3% + カバー先金利) ) * 付与日数/365※1
  • ※1 米国銘柄は360となります。
  • ※上記の計算式で1週間の調整額を計算します。金利や市場の状況が大きく変動した場合は週の途中で変更となる場合がありますので、ご注意ください。
  • 米国銘柄の金利調整額は、上記の計算式で算出した金額を日々円換算した金額となります。
  • 実際の一日あたりの各銘柄の金利調整額は取引ツールの金利表をご確認ください。
  • 休日等に関わらず、月曜日から木曜日の付与日数は1日。金曜は3日となります。

金利調整額の反映

金利調整額は午前5時55分(米国サマータイム期間午前4時55分)を超えて建玉を保有している場合に発生し、有効証拠金から差し引かれます。また、下記のタイミングで実現損益として証拠金預託額より差し引かれます。

  1. 決済時
  2. 四半期3・6・9・12月の最終取引日(金利実現日)
  • 証拠金預託額より差し引かれる前を「未確定」、証拠金預託額より差し引かれることを「確定」とします。
  • 金利調整額が1円に満たない場合は1円とし、1円以上の小数点は切り捨て計算といたします。

例:1月2日から4月20日まで保有している場合

3月31日の朝に、1月2日から3月30日(四半期最終取引日の前営業日)までの金利調整額が証拠金預託額から差し引かれます。3月31日から4月20日まで発生している金利調整額は未確定分として計算され、有効証拠金から差し引かれます。

手数料例

金利調整額の確認方法

  • 「建玉照会」にて、現在の建玉に対して発生した金利等合計(確定分 + 未確定分)を確認いただけます。
  • 「約定照会」にて、決済完了した建玉の金利等(確定分のみ)を確認いただけます。
  • 「報告書ダウンロード」>「日次報告書」>「取引報告書兼取引残高報告書」にて当日発生した金利調整額を確認いただけます。

口座開設・管理費

口座開設・管理費とも無料です。