Myシストレ24を使いこなす

1.証拠金メータは100がめど

7月からバージョンアップしたMyシストレ24には新しく証拠金メータが搭載されています。

証拠金預託額は、現在のシストレ24の口座に入れている証拠金です。推奨証拠金額はポートフォリオに追加かつ有効にしているストラテジーの推奨証拠金の合計額となります。
その右にあるカラフルなメーターは
証拠金預託額 / 推奨証拠金額 × 100
を数値を示しています。
つまり、現在の証拠金に対して、どの程度ストラテジーを有効にしているかを示すものです。例えば、この数値が50であれば証拠金の半分をストラテジーで有効にしていることになります。
100までメータの色が緑になっていることからも分かるように、100までであれば、預けている証拠金の中で、ある程度安全な取引ができているということを意味しています。
通常、証拠金を全て使い、取引を行うとロスカットになりやすくリスクの高い取引となりますが、推奨証拠金自体がストラテジーのリスクを勘案した数字となっていることから、100でもそれほどリスクが高くないためです。
逆に100を超えてくるようだと証拠金に対して、ストラテジーを入れ過ぎている可能性が高いため、追加の資金を入れる、ストラテジーや取引額を減らすといった対応を行ってください。
なお、150を超えるとメータが点滅して、リスクを取り過ぎていることを表示するようになっています。

Myシストレ24開発チーム 2013年8月20日

1.Myシストレ24ver3.0 追加機能紹介!

Myシストレ24ver3.0で追加された機能をご紹介いたします。
Ver2.0まではストラテジーの検索機能が中心でしたが、今回のバージョンアップで以下の機能が追加となりました。

Myシストレ24の紹介につきましてはこちらをご覧ください。

主な機能 概要
ポートフォリオ、稼働中ストラテジーの確認 ポートフォリオ確認のアイコンが追加され、現在のポートフォリオに入れているストラテジーはもちろん稼働、未稼働状態を確認することができます。
ストラテジー設定確認と変更 現在のストラテジーの全ての設定を見ることができます。 また全ての設定についてMyシストレ24上から設定変更が可能となります。稼働だけでなく、稼働停止することも可能となりました。
証拠金メーター 現在の証拠金預託額と稼働しているストラテジーの推奨証拠金を確認することができます。また預託額に対して推奨証拠金の割合をメーターで表示するなど独自のリスクワーニング指標を加えました。
※本推奨証拠金は設定された取引額と最大ポジションサイズのみその割合に応じて調整しています。
ストラテジーの現在の建玉 現在のストラテジーが保有している建玉の情報を見ることができます。お客様が現在保有している建玉ではなく、ストラテジーカード上でみることができるオープンポジションとなります。これから稼働させる際にストラテジーが既にポジションを最大まで持っている状態なのかそうでないのかが分かります。

・Myシストレ24を開いたままでミラートレーダー側でストラテジーの設定を変更した際などは稼働アイコンまたはポートフォリオアイコンをクリックすることで最新の情報が反映されます。ただし1分間隔の更新となりますので、ご注意ください。
・証拠金預託額のMyシストレ24側の反映もポートフォリオ設定と同様です。
・推奨証拠金の合計額は取引額、最大ポジションの設定を反映した合計額となっています。
・ストラテジーの現在の建玉情報も1分間隔の更新となります。


ユニットとは?
ユニットとは複数のストラテジーを組み合わせたもので、いわばポートフォリそのものとなります。
ユニットに組み込まれるストラテジーは一定の基準を満たしたものから選定されているため、「ストラテジーを複数選ぶのが難しい!」「参考になるようなポートフォリオを見たい!」といった場合にご活用ください。


「50万円でシストレ24をスタートする際に最初どのようなポートフォリオを作っていいか分からない」
というお客様のご要望が多々あったことから、ユニットという考え方を提案させていただきました。
しかしながら、シストレ24の当社が提案している取引方法は「選ぶ」「チェックする」「入れ替える」と表現しておりますように、原則はあくまでご自分が監督となり一つ一つのストラテジーを探し、組み合わせてポートフォリオ運用を行うというものです。
ユニットはあくまで参考となるポートフォリオとなりますので、その後のポートフォリオのチェックはお客様ご自身で行っていただく必要があります。

ユニットの構成について<証拠金目安>
証拠金に余裕をもった運用をしていただくため、ユニットはできる限り、ユニット登録時点の各ストラテジーの推奨証拠金の合計が資金目安を上回らないように設計しています(但しその後の経過によってはこの合計が目安を超えることもあります)。
ポートフォリオを組むことでリスクリターンが相殺され、推奨証拠金の算出のもととなる最大ドローダウンも低下することが一般的ですが、ポートフォリオが今後も100%リスクを相殺することは保証できないため、純粋に各ストラテジーの推奨証拠金の合計を採用しています。
これによってより安全な証拠金でのお取引を提案をさせていただいております。
当社の推奨証拠金は最大ドローダウン(ストラテジーが過去実績で出したことのある最大利益と最大損失の差異)をリスクと捉えその2倍+必要証拠金としております。詳しい算出方法はこちらをご覧ください

ユニットに採用するストラテジー条件
ユニットは初めての方に参考となるポートフォリオ作りを目的に作成されているため、できる限り低リスクになるように設計しています。
そのためユニットに採用するストラテジーは下記の条件を設けております。
・登録から1年以上 かつ 稼働開始からの取引回数が100回以上
・コツコツドカンステータスのついているストラテジーを除く
コツコツドカンステータスとは:「平均利益」よりも「平均損失」が2倍以上高く 且つ「平均損失」が150pipsを超えるストラテジー
※過去1年間のデータで比較しています。
※取引回数10回未満のストラテジーを除く。
※損失が出ていないストラテジーを除く。

ユニットはどのように組んでいるのか?
ユニットは上記のストラテジー条件に当てはまるストラテジーの中から、合計の推奨証拠金が資金目安を下回るように設計しています。 それぞれのユニットはそれぞれの考え方で作成されています。
詳細につきましてはユニットをクリックすると表示されるユニットカードに記載しています。

ユニット選択時のリスク、注意点
ユニットは各ストラテジーを合算した累積損益及び曲線を表示しています。
登録時点においてはそのユニットの累積曲線は右肩上がりになっているものもあるかもしれませんが、これは登録時点において低リスクで良いリターンを出しているストラテジーから構成されているケースに良く見受けられます。
しかし、そのまま継続して右肩上がりになる保証は当然ながらありません。
ユニットを選択する際にはユニットとして登録された時期も考慮し、ストラテジーの選択同様に登録されて日の浅いユニットを選択する際には定期的にチェックをされることをお勧めいたします。
ストラテジー同様にユニット登録されて日が長く、しかも継続的に利益を出しているようなものは中長期で運用できる信頼性は高く、日の浅いものはやはり定期的にチェックをするということを心がけていただきますようお願いいたします。

Myシストレ24開発チーム 2013年7月12日

1.絞り込み機能とエクセル出力

「カスタム検索でできること」に引き続き改善依頼のあった内容でまだ皆様に認識されていないなぁと思われる機能をご紹介させていただきます。
Myシストレ24の絞り込み機能とエクセル出力です。
例えば、「ストラテジー名で探したい」「推奨証拠金順や取引回数順で並び変えたい」、あるいは「最大ドローダウン順で並び変えたい」なども実はMyシストレ24で実現できてしまいます。

ここをクリックすると絞り込み検索やストラテジー名検索が可能となります。

またさらにここに表示されていない情報で並び変えなどをしたい際には

CSVで出力することで最大ドローダウン順に並び変えたりもできます。

Myシストレ24開発チーム 2013年6月7日

1.カスタム検索でできること

Myシストレ24リリース記念でスタートしたアイデア募集企画の中でステータスの人気投票をした結果こんなランキングになりました。

Myシストレ24「こんなタイプがほしい! アイデア募集!」 結果発表
今回の企画を通じていろいろなアイデアをいただきましたので必ず改善につなげていきたいと思っています。
その中で、アンケート見ていると少し気になった投稿が多かったため記事にさせていただきます。

今回のご要望の中で、「ドル円のストラテジーだけを出したい。」「最大ポジションごとに見たい」、他には「証拠金○○円以下のものだけのステータスを付与したい」などの声がありました。
実はこれらは全部カスタム検索で出来てしまいます。

例えば最大ポジション1のストラテジーだけを出したい場合などカスタム検索をクリックして下記のとおりに数値を入れて保存するだけです。

これらの応用で最近活躍しているストラテジーを探したいなども可能です。
活躍の定義が人それぞれですが、例として、ここでは「1カ月間で10万円以上勝っていて」、「まぐれではなく5回以上の取引をおこなっている」ストラテジーとした場合、このようになります。

Myシストレ24開発チーム 2013年6月6日

1.2013年5月に追加された新しいカテゴリとステータスまとめ

Myシストレ24に5月に新たに追加されたステータスご紹介します!
※この記事はチャレンジブログで掲載された金の卵チームの記事を転載しています。


「週間Top 100」
選択者人数Top100に入るストラテジーにこのステータスが付きます。
選択している人が多いストラテジーを探したい!というときに便利なステータスですね。

原則月曜日更新(週1回更新)。

「利益更新 」
過去1年間の運用成績での累積利益の最大値を、現在の累積利益が上回っているストラテジーにこのステータスが付きます。「年間の累積利益を更新している、のっているストラテジーを探したい!」というときに便利なステータスです。

過去1年間の取引回数が12回以上のストラテジーが算出対象。

「ドローダウン更新」
過去1年間の運用成績での最大ドローダウンを、現在のドローダウンが上回っているストラテジーにこのステータスが付きます。
このサインが出ているストラテジーは入れ替えや一旦様子を見るなど注意いただいた方がいいステータスです。

過去1年間の取引回数が12回以上のストラテジーが算出対象。


「10連勝」「20連勝」「30連勝」「40連勝」「50連勝」
現在の連勝回数が10・20・30・40・50回以上のストラテジーにこのステータスが付きます。
乗りに乗っているストラテジーを探したい!というときに便利です。

過去1年間の取引回数が12回以上のストラテジーが算出対象。

金の卵チーム 2013年5月27日

1.新しいステータス 「最大ドローダウン」でストラテジーを外すタイミングを見る

5月2日に追加された新しい状態ステータスである最大ドローダウンの見方をご紹介します。

このステータスは1年間の最大ドローダウンを更新するとつくステータスです。これはバッドステータスで、このステータスが付いているものは一旦稼働を止める、あるいは様子をみた方がいいでしょう。

金の卵おじさん 2013年5月2日

1.シミュレーションの使い方 その1 Max制限をかける局面

証拠金とのバランスで最大ポジションを小さくして使うことがよくあります。 その際に、最大ポジションを小さくしても取引が大幅に変わらないかのチェックが必要です。
例えば3ポジションを全く異なるロジックにもとづいて建玉するストラテジーの場合、Max設定は機能しません。結果が運に左右されます。
一方で建てるタイミングが異なっても建てる方向が同じストラテジーの場合、原則Max設定は機能します。 例えば下記のストラテジーの場合、

推奨証拠金が大きすぎ、他のストラテジーを選んでいる場合、ポートフォリオにいれづらいため最大ポジションを「2」に変更してシミュレーションしてみます。

最大ポジション設定なし(4) 最大ポジション設定有(2)
推奨証拠金 639,937円 318,311円
累積損益 +437,369円 +219,580円
最大ドローダウン -2439pips -1211pips
取引回数 405 224
勝率 48.89% 47.32%

ほとんど全てのデータが綺麗に半分になりました。
損益曲線の形もほぼ同一であることから、Max設定が機能していることが分かります。

各ポジションが全く異なるロジックで取引されているストラテジーではMax設定はほとんど機能しないため、Max設定を行う際はシミュレーションで確認してみるといいでしょう。
Max設定を変更して数字が良くなるからといって、必ずしもそれが良いというわけではありません。
最初に説明したとおり、偶然、良くなっている場合があるため、Max設定をした際に、大きく結果が変わらないストラテジーであるかどうかを見ることが重要です。

金の卵おじさん 2013年4月19日

2.ステータスはパターンで判断する!

ステータスはそれ単体で良い・悪いということはあまりありません。重要なのはパターン(組み合わせ)です。
下の図をご覧ください、 ストラテジーを野球のバッターに例えてご説明します。

打率 飛距離 スピード
Aさん ×
Bさん ×
Cさん ×
Dさん

Dさんが素晴らしいのは言うまでもありません。

同じ○が2個づつあるAさん、Bさん、Cさんだとどうでしょうか?
打率が高く飛距離も出るAさんは優秀な4番バッターとして魅力的です。また、打率が高く走るのも早いBさんも1番バッターとして魅力的です。 ところが、飛距離、走りに特徴があるCさんは、使いどころがわかりづらくAさん、Bさんと比べてあまり魅力がありません。

一方、AさんとBさんの比較ではどちらも甲乙つけがたく、選ぶのが難しく感じます。

では、状況を変えて例えば9回裏、2アウト満塁のケースにおいてどちらのバッターを起用するでしょうか?
開発チームであれば迷わずBさんを選びます。
なぜなら、状況から見て今は長距離であろうがなかろうが確実に塁にでることが重要なためです。
この9回裏という状況がシストレ24の場合では「相場」に該当します。相場には、円安、ボラティリティーが高い、雇用統計前など様々な状況が存在します。
この例のようにストラテジーも、ステータス単体ではなく、そのパターンによって理解し、相場の状況によって、使い分けることが重要です。

Myシストレ24開発チーム 2013年4月8日

3.よくあるパターン、注意するパターン

ステータスの見方について説明します。
ステータスには前提となる種類として、ストラテジーの取引スタイルを表すステータスがあります。

  

バッターでいえば左から「1番バッター」「3,5番バッター」「4番バッター」くらいのイメージです。
これらは同時に複数つくことはありません。
一方でこれらのステータスを判定できないケースも存在します。そういったストラテジーは売買経験が少ないためつかないのか、それ以外の特殊なケースである場合が多いため注意が必要です。

また、コツコツタイプにはよくセットになって出現する別のタイプがあります。

それはです。利食いが小さいストラテジーは勝率を稼ぐことが多いためです。

さらにこの2つに付随して頻繁にみられるバッドステータスがあります。

それはドカンです。
この3つが揃うと、「高い勝率でコツコツと利益を積み重ねるものの、一発でその利益が吹き飛ばされるような損失を出す」という意味になります。このステータスがついたストラテジーが例外なく駄目ということではありませんが、ドカンには注意し、長期で運用しないことを前提に考える必要があります。
ドカンのストラテジーをあえて運用するのは相当名監督です。
場合によって逆指値等なども利用して、使いこなす方ができる人です。

こういったパターンとして出現しやすいストラテジーはありますので、そういうのを見た際には、「はいはい、あのストラテジーと同じ感じのタイプね」と直感で感じてみてください。そのあとカードを開いてじっくりと分析してみるのもいいでしょう。

そのうち、「このストラテジーはめずらしなぁ」、「すごいステータスのパターンだなぁ」など一目ぼれストラテジーが見えてくるかもしれません。

よくあるパターン! レアなパターン 見てみたい最強のパターン
      
  
   

Myシストレ24開発チーム 2013年4月8日

4.パターンが異なるストラテジーをチームに入れる

「ステータスのパターンが似ているストラテジーは、似たような取引スタイルである」といえます。
同じパターンが付いているストラテジーは通貨ペアなどが異なったとしても似たような損益曲線になることが多いです。したがって、リスク分散という観点からなるべくなら、1番バッターばかりを選ぶよりも4番、5番もチームに入れた方がベターです。また、同じ4番バッターでもステータスのパターンが異なるものを意識的に選ぶのも一つの手です。
下の例は4番打者が2人いるパターンです。
相場の局面に合わせて4番打者を2人そろえて、通貨ペアだけは分散しています。

Myシストレ24開発チーム 2013年4月8日

5.色々な角度からステータスを見る

取引タイプを表現するステータスの他にも登録されてからの期間(経験)を表すタイプもあります。

  

もちろんベテランになるほど信頼度は高まります。そのため、実際の成績が良いものであったとしてもルーキーだった場合には使用について少し慎重になるべきです。取引額は小さめ(例えば10k)でスタートするなどの様子見が必要になるかもしれません。ルーキーをいきなり重要な試合では使わないのと同じことです。

Myシストレ24開発チーム 2013年4月8日

6.ステータスはたくさん付けば付くほど良い!

ほとんどのステータスタイプはある程度の取引データがなければ判定がされないようになっています。また、良い成績でないと様々なタイプがつきにくくなっています。

成績が良くないと付加されないステータスの例
       

たくさんのステータスのついているストラテジーは基本的にたくさんの称号があるというイメージで判断材料も多く、実績も出ているという評価を下せるように設計しています。(ドカンのような注意ステータスのような例外もありますが)

人気のThird BrainFXにはたくさんのステータスがついています

Myシストレ24開発チーム 2013年4月8日

7.Myシストレ24って何?

Myシストレ24はインヴァスト証券が独自に開発したシストレ24専用の取引支援ツールです。ストラテジーの検索や入れ替えのタイミングなどをサポートすることを目的としてお客様の要望を反映し独自開発しました。
ストラテジー検索、ポートフォリオを組む際にMirror Traderにはない観点で探すことが可能です。
Mirror Traderを補完するツールとして活用ください。

項目 主な機能 概要
ストラテジー検索 タイプ別ソート 各ストラテジーにつけたタイプごとにソートすることでストラテジーの性質を理解することができ、より直観的に探したいストラテジーを探すことができます。
※収益率順で表示されます
検索設定保存(カスタム) 詳細の条件を設定し、保存することで何度でも自分独自の詳細条件設定でソートすることができます。
ウォッチリスト(お気に入り) お気に入り登録することができます。
推奨証拠金 Myシストレ24では証拠金の目安を表示しています。1万通貨でストラテジーを稼働させるのに推奨する証拠金です。
ストラテジーカード Myシストレ24のストラテジーカードはMirror Traderのストラテジーカードに加えて主て以下の機能があります。
  • 損益曲線にレートチャートを表示
  • 実際の売買タイミングをレートチャート上に表示
  • シミュレーション機能(Maxポジションや指値、逆指値設定をした際の取引履歴をシミュレートする機能)
その他 ストラテジー追加 +ボタンをクリックすることでポートフォリオに追加され自動売買が開始します。
Myシストレ24上からは取引額の設定はできないようにしています。一律10K(1万通貨)の設定でポートフォリオに追加されます。
ポートフォリオに追加されているかどうかの確認はMirror Traderから行ってください。

Myシストレ24開発チーム 2013年3月30日

8.ver2.0おすすめ機能 ベスト5!(開発者が選ぶ)

  • 5位 ウォッチリスト

    実際にポートフォリオに入れているストラテジーや定点観測したいストラテジーをウォッチリストに入れ、状態をチェック。
    ステータスに「ドカン注意」など危険なタイプが付いているものは要チェック。
  • 4位 金の卵

    Ver1.0から存在するこのタイプは半年以上累積損益が右肩上がりのストラテジーを意味します。中長期的に安定して利益を出しているストラテジーの象徴。
    ストラテジー選びに迷った方はまずこちらをチェック!
  • 3位 損小利大

    平均利益は大きく、平均損失は小さく抑える、FX取引の王道とも言われる「損小利大」のストラテジー。安心感のストラテジーが多く、初心者の方はまずこちらをチェックしてみるのもいいかも?
  • 2位 ドカン注意

    検索のためのアイコンというよりステータス内でこのマークがついているストラテジーは運用前に注意が必要です!一回取引で大きな損失を出す可能性を高く秘めているストラテジーなので、心と証拠金に余裕がある時だけの利用をおすすめします。
  • 1位 カスタム検索

    初級者から上級者まで様々な方が使えるのがこのカスタム検索機能!単純に勝率で探したい時や複雑な条件をそのまま保存しておけるので、いちいちエクセルで毎回フィルターをかける作業も必要ありません。また自分で好きな名前を付けれるのも楽しい!

Myシストレ24開発チーム 2013年3月30日

9.シミュレーションで今までの悩みを解消!

今までシストレ24運用をしてこんな悩みはありませんでしたでしょうか?

  • Aさん「ストラテジーを追加したいけど証拠金が心配。Maxポジション制限をかけたいけど、制限かけてもちゃんと利益を出してくれるのかな?」
  • Bさん「1回の取引の損失を限定したいから逆指値を設定したい。でもその場合どんな結果になってしまうんだろう。」

などなど、アドバンス設定をかけた際のシミュレーションをしてみたいですよね。
そこで生まれたのがMyシストレ24のストラテジーカード内にあるシミュレーション機能です。
百聞は一見に如かずで実際にたくさんいじって頂ければおわかりになると思います。
アドバンス設定で逆指値や指値、Maxポジション制限、最大許容損失の設定などを行っている上級者のシストレ24トレーダーの方にはうれしい機能となっています。
制限をかけた後の推奨証拠金も分かりますので初心者の方もシミュレーションにチャレンジしてみてください。

人気のThirdBrainFXをもし最大ポジション1で設定したら?

  • 41万円の推奨証拠金は13万円に
  • 利益は30万から5万円に
  • 収益率は73%から38%に

色々なシミュレーションをすることで実は最大ポジションを制限して、取引額を増やした方が良かったなどの新事実も出てきちゃうかもしれませんね!

Third Brain Fx 画面

Myシストレ24開発チーム 2013年3月30日