今週の相場&注目ストラテジー

ドル/円:引き続き上値余地を探る動き。

13年12月02日 / 川合 美智子

(分析)
ドル/円は、直近の2手の日足がいずれも上昇余力に欠けるもので
あることや、102.60-70にやや強い上値抵抗が控えていることから、
週初は小反落の可能性があります。

kawai_131202_usdjpy_day2.png

 

しかし、短期トレンドは引き続き強い状態を維持しており、
ドルの押し目買いを支持しています。

また、先週の値動きの中で101.50-60を上抜けたことにより、
5月に付けた103円台が視野に入っており、101円割れを見ない限りは
深い押しにも繋がり難い状態です。

逆に101円割れを見た場合はもう一段下値余地が拡がり易くなりますが、
日足ベースで見た強い抵抗が100.50-60に、週足ベースで見た
強い下値抵抗が100.00-20に位置しており、これを下抜けない限りは
短期トレンドが変化しません。

一方週足も5週連続陽線引けとなり、揉み合いを上抜けた位置をキープ中です。

 kawai_131202_usdjpy_week.png

 

また、月足を見ても11月足が三角保合いを上抜けて陽線引けとなり、
一段の上昇の可能性が高いことを示しています。

P&Fの200ポイントリバースも101.50を上抜けたことにより
103円台が視野に入って来ています。

kawai_131202_usdjpy_P&F.png

このトレンドはP&F200ポイントリバースチャートでは、100.50割れを
見た場合に下方向へ転換しますが、98.00~97.50割れまでは調整の範囲内で
"ニュートラル"な状態を保ちます。

現状下での可能性は極めて低いとみられますが、97円割れを見た場合は
長期サポートを下抜けて、90-92円方向への"下離れ"の可能性が高くなります。

 

(戦略)
引き続きドルの押し目買い戦略が有効です。

今週いっぱいでの押しの深さは浅い場合で101.70-80、
深い場合で101.20-30に留まると見ています。

今週のドル買いは102.00-101.80で押し目買い、浅い損切りは101円割れ、
深い場合は100.50割れで一旦撤退です。
この場合は調整下げ局面に入ります。

ドル売りは引き続き様子見が基本ですが、週初のうちに102円割れまでの
押しが入る可能性が高いと見ており、週初だけ売り向かい、但し、
102.10-20での浅い利食いも着実に。
ドル売りは102.80で浅めに撤退です。

日足ベースで見た強い上値抵抗は102.60-70、103.10-20に、
下値抵抗は102.10-20、101.70-80にあります。

週足ベースで見た強い上値抵抗は103.20-40に、下値抵抗は101.20-30にあります。

 

(ストラテジーを選ぶなら)
ベテランの『On The River』に引き続き期待したいところです。
未知数ながら最近好調な『Mangoo』も面白いかもしれません。