信用取引にも対応

トライオートETFだからできるETFの売り取引

通常ETFを取引する場合、売りから取引を始めることはできません。
株式と同様に将来の価格の上昇に期待して、価格が上がったら売却することをイメージすると思います。
売りから取引を始める、というのはイメージがしづらいかもしれませんが、将来価格が下がったら利益を得ることができる方法だと考えてください。

トライオートETFはCFD形式での取引方法を採用しているため、売りから取引を開始することができます。

売りが適した銘柄って?

当然将来価格が下がることを期待して取引を行うため、価格が上昇している銘柄での取引には向いていません。
また、ETFでは配当を受け取ることができますが、売りの場合逆に配当を支払うことになるため、配当狙いで長期の取引を行うような銘柄での取引にも向いていないでしょう。
配当が存在しない銘柄としてコモディティ関連の銘柄があります。
短期でボラティリティが高いような銘柄であれば自動売買と併用するとチャンスが多くなるかもしれません。

売りの場合はETF価格が上がると預け入れる証拠金が大きくなります

評価損失も発生することでレバレッジが1倍であってもロスカットルールに抵触するリスクが高くなるので注意が必要です。

チャートはYahoo Finance(US)より

売りの場合はETF価格が上がると預け入れる証拠金を大きくなります 有効比率、有効証拠金、必要証拠金

また、分配金がある場合は支払いとなることや保有期間に応じて金利調整額・貸株料調整額の負担が発生することなど、 売りのお取引には注意点があります。詳しくは取引要綱をご覧ください。 新規売りはマニュアル注文のみご利用いただけます。自動売買はご利用いただけません。

←手数料無料の低コスト  実施中のキャンペーンはこちら→