8月29日(月)より「売り」のお取引が可能になります!

こんにちは。 既にホームページ、Myページでご案内をしておりますが、来週2016年8月29日(月)よりマニュアル取引による売り注文が可能となります。

また、現在はレバレッジ5倍へ変更いただいた後も、一部銘柄はレバレッジ無しの必要証拠金額が必要でしたが、全銘柄一律20%といたします。  

マニュアル取引による「新規売り」のお取引について

原資産を株式や債券とする銘柄は、原資産の長期的上昇や分配金を期待する銘柄のため、買い注文が基本となりますが、マニュアル注文による「新規売り注文」により一時的な値下がりに対するヘッジが可能となります。 また、金や原油などコモディティ銘柄は分配金もなく、価格変動は原資産の需給要因等により上昇、下落を繰り返す傾向があるため、下落トレンドを狙った「売り」取引が可能となることで収益チャンスが広がります。 しかし、売り取引の場合、分配金がある場合は支払いとなること、保有期間に応じて金利調整額・貸株料の負担が発生すること、理論上損失は無限であること等から、必ず損切りの逆指値注文を入れておくなど、お取引には十分ご注意くださいますようお願いいたします。 

お取引に関する注意点

・分配金相当額について 買い建玉保有時には分配相当額を受け取ることができますが、売り建玉保有時には分配相当額の支払いが発生します。

・金利調整額・貸株料について 午前5時55分(米国サマータイム期間午前4時55分)を超えて売り建玉を保有している場合、金利調整額・貸株料の支払いが発生します。金利調整額・貸株料の料率は銘柄ごとに異なります。詳しくは銘柄リストでご確認いただけます。  

・発注上限について マニュアル注文の売り発注上限は10口です。※TOPIX連動型上場投資信託 (ティッカー:1306)のみ100口となります。  

・約定について 新規の売り注文はカバー先の状況により約定しない(注文失効)する場合があります。注文失効となった場合、メールまたは取引ツールの [照会] > [更新履歴] にてご案内いたします。決済の売り注文については、原則注文失効となることはありません。※相場状況によってレートの提示が困難となった場合には約定しない可能性もございます。  

・オートパイロット注文ではご利用いただけません オートパイロット注文では新規売り注文はご利用いただけません。また、(NEXT FUNDS) 日経ダブルインバース上場投信 (ティッカー:1357)は、マニュアル注文においても売りのお取引はできません。ご了承ください。

レバレッジ5倍の際の必要証拠金を一律に

レバレッジ5倍へ変更いただいた後もレバレッジ1倍と同額の証拠金が必要だった銘柄がありましたが、29日より全銘柄レバレッジ5倍時の必要証拠金額(5分の1)となります。 なお、既に保有している建玉や発注済の注文の証拠金は変更されません。29日以降発注した注文のみが対象となります。 対象銘柄は下記の通りです。