エースの座をかけたバトル勃発!?復活VS新星、どちらを選ぶか!

復活のGenius_Theta VS 新星Beatrice ADX01

今週のユーロドルは行って来いの動きとなりました。
週初1.1200付近でスタートしたユーロドルは週半ばにかけて1.14超えまで上昇、その後、FRBパウエル理事の9月利上げを示唆する発言を受け、また1.12に戻るなど200pips幅で上下するような動きでした。

ミラートレーダーのユーザーポジションにおいても、買い50%に対し売り50%と、両者のポジションは拮抗しており、どちらが優勢ともいえない状況です。

そのような中、イマコレ ストラテジー内のユーロドルストラテジー、昨年のストラテジーアワードで上位入賞した「Genius_Theta(ERUUSD)」、また注目株として人気を集めつつある「Beatrice ADX01(EURUSD)」が今週どのような売買を行ったか確認していきたいと思います。

★完全復活なるか!?トレンド巧者のGenius_Theta

『トレンドにのる!』
一言で言うとこれが「Genius_Theta(EURUSD)」の特徴です。

トレンドと判断すれば大きく取りに行く傾向があり、実際、今週のユーロドル下落局面においては売りを追随して行うような形で12回の利益確定を行っております。

何をもってトレンド相場と考えるかは判断の分かれるところですが、今回の「Genius_Theta(EURUSD)」の取引は先週からの流れも含めて非常に秀逸でした。

4時間足のチャートでエントリーを確認します。

月初に買いポジションの損切りを行ったものの、その後は同じ買いでエントリーし8連勝。
と同時にトレンドの上限と判断したか、ほぼ同じタイミングでドテン。探りを入れるような形で、1ポジションだけ売りエントリーを行っています。(図表内①)

その後はユーロドル下落の流れにのる形で、②、③のタイミングで追随売りと利益確定を行っていきました。

開発者の方へのインタビューでも、「トレンド局面での使用が有効であり、レンジ相場やトレンドが始まるまでの相場ではロットを小さくするべき」と言われていましたが、現在はそのトレンド判断も含めてノリにノッている状態と考えられます。

以前のWeekly Reportでも「Genius_Theta(EURUSD)」は『損切り後に利益を一気に取り戻すような連勝』があることをご紹介しておりますが、利益更新ステータスを再度点灯させてきた「Genius_Theta(EURUSD)」は今後の運用においても有望なストラテジーと考えられます。


★損小利大のニューカマー!
 Beatrice ADX01

先週イマコレに登録した「Beatrice ADX01(EURUSD)」ですが、イマコレ登録後8勝4敗と勝ち越しているものの、利益確定がそれぞれ小さいものであったことから、やや損失のほうが先行した形になっています。

売買履歴をチャートと照らし合わせて確認してみると、買いエントリーと売りエントリーを使い分ける柔軟な売買を行っていることが分かります。

今週の下落局面においても当初はきっちり売りでエントリーし、利益を上げています。
その後の買いエントリーが結果的に早めの仕掛けとなったため損切りとなりましたが、その後の買いではまた利益を上げており、相場判断が鈍っている雰囲気はありません。

直近の利益確定は小さなものになっていますが、過去の実績においては50pips前後、150pips前後、300pips超と相場状況に合わせた形で利益確定を行っています。一方で損切りラインは最大130pips前後と想定されます。

損小利大ということは、損切りが早い分、エントリーの精度が求められます。直近の取引履歴を見る限り、現在のBeatrice ADX01(EURUSD)はエントリーの精度が非常に高いと考えられます。

トレンドに合わせて突き進む「Genius_Theta(EURUSD)」に対して、柔軟な売買で精度の高いエントリーを行う「Beatrice ADX01(EURUSD)」。
どちらも甲乙つけがたいストラテジーですが、エントリーの状況等を踏まえると調子が良いと判断できますので、並行して稼働させることもおススメします。

★引き続き利益更新中! Deliverance

Deliverance(NZDUSD)は引き続き「利益更新中」のステータスが点灯しており好調です。

稼働以来で90%という大変高い勝率はもちろん、直近1ヶ月ないし3ヶ月の平均損失が10pips以下と見切りが大変早く、また最大2ポジションというフットワークの軽さなどたくさんの人気要素を兼ね備えた今大変人気のあるストラテジーです。

また、NZDUSDの下落相場にあわせた売り一辺倒というわけでなく、適宜買いを入れつつも勝ち続けていることが実力の証明であり、このストラテジーをポートフォリオに組み入れる安心材料の一つとなっているように思われます。


今後の運用については

上記でご紹介しました「Genius_Theta(EURUSD)」、「BeatriceADX01(EUR/USD)」につきましては、現在の相場にマッチしておりますので、稼働の継続ならびに追加等をおススメします。
コツコツ形の「Deliverance(NZD/USD)」についても好調を持続しておりますので継続で問題ありません。
「PeachFrappe(EURJPY)」は連敗更新ステータスが点灯しましたが、10pips以下の損切りを含めたものであり、これまでの取引実績も考慮して、次の取引を確認したうえで再度判断したいと思います。
また、先週イマコレに追加しました「Endeavour AQUA(AUD/JPY)」は引き続き調整が続いています。もともと勝率は高くないストラテジーですので、ある程度の調整期間を見込んでいますが、最大ドローダウンの更新を切り替えの目安とします。

来週のイマコレストラテジー

※6/26時点の3ヶ月間の実績です。

イマコレストラテジーの詳細はレポートにてお話ししておりますので、そちらをご覧ください。